フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケダマンモス!

長野の多頭レスキュー騒動が発生し早ひと月が経過

今週初めに最後の二頭の保護が終了し、大きな仕事がが完了しホッとしました

これからは里親が決まっていない子たちの里親探しを本格的に始めることになります



は~~~、それにしても色々な事がありながら、あっという間だった一ヶ月でした

仕事でも一つミスをしてしまい、経理の作業はたまるばかり

そしてなんといっても取り戻しが効かない事が...



P2011_0917_135653.jpg



寝ているガウディのコート
わきの下から飛び出すものは毛玉!


この世で間違いなく恐ろしいものの一つ

それは アフガンの毛玉...

悪戯ざかりの仔犬ちゃんはアフガザウルスですが、
毛玉だらけのアフガンは単なるケダマンモスでございます...




あな恐ろしや ケダマンモス!




P2011_0917_124106.jpg


そんなことで


ただいま前足のブラッシング真っ最中


少しづつ、できる限り切れ毛を抑えるように手でほぐしつつブラシを入れています。


P2011_0917_124154.jpg



こうしてみると大した事なさそうですが、全身これですもの...


今週の初めから休み休みやって来たけど、今日で一気に終わらせて、明日はがっつりとトリートメントを行います!

秘密兵器も これでもか!!! ってくらい投入しないと!!

なんたって、ガウディはルミノーサの看板犬でございますから...





”エル君&セナちゃんは?”



あ、やはりお聞きになりますか?

それはまた改めまして...





スポンサーサイト

月より団子

昨夜は十五夜お月さま

思い返すと、子供のころは母や兄と一緒に縁側でお月さまを見ながらお団子を食べた記憶があります。

いつからか、そんな風情ある習慣が消えていました。

昨日、お団子屋さんの前を通りかかり買ってきたお月見団子、せっかくなので母屋のお仏壇にお供え^^



Tsukimi2011a


仏様の後に頂いたお団子の向こうに見えるのは 闇夜の月


  ...ではなく    我が家のセナ



Tsukimi2011b


お里のママさん曰く <女の子は甘いものが好き!>

もちろんアフガンの女の子の話^^



Tsukimi2011c



月より団子  の我が家です^^



敢えて愚痴らせていただきます!

行政関係にお勤めの方、愚痴ってしまうけれど今日のところはご理解ください!

その前に、アフガンの多頭レスキューにご協力頂いた皆様へ心よりの感謝を申し上げます。

アフガンの飼い主様だけではなく、ご自分はペット不可マンションにいるけれど御親戚のアフちゃんが可愛くってこのブログも読んでいて下さった方、レインコートの製作ができなくなり失礼をしていた他犬種の飼い主の方からもご連絡を頂きました。

アフガンに限らずご愛犬・ご愛猫を心より愛し育てておられる愛犬家の皆さま、命に対する深くお優しいお心をお持ちの皆さま、関係者一同より心よりの感謝を申し上げさせていただきます。



それとは対極ですが、ここから愚痴コーナーにさせていただきます。

長野県内での8頭のアフガンが飼育放棄になり悲惨な状態にいる事は、先ず、発見者でありご相談者様から保健所に相談が行っていました。

保健所が様子見に来てくれた時の対応は、


<里親を見つけて管理できる頭数に減らしなさい。
   
     必要なら保健所で里親募集もできるから。>



それだけだったそうです。



mamaAF&chibiAF@Nagano2011

NaganoAFRescu2011 NaganoAFrescu2011



これを見て、それだけだったそうです。

こんな状態にして平気だった人です。

一緒に暮らす父親は、

<これはもう犬じゃない、早く処分しろと言っていたんだ>

処分=保健所で殺処分です。



その直後、この事態の相談が私たちに持ち込まれ、頭数の多さにひきつりながらも助けてあげる方法を早急に探し動きました。
3頭の一時預かり先を見つける間、保護待ちの現地残留組ができてしまいました。
色々なやり取りがある中でなかなかお父さん犬のお預かり先が決まらず、気の休まらない日々が続きました。



以前我が家の犬たちがお世話になったトレーナーさんに電話相談したり、知らない訓練所でもよさそうなカンジのところに一ヶ月だけお預かりをお願いできないか問い合わせたり。
毎日電話とインターネットに明け暮れましたが、良いお返事は一つとして頂けませんでした。

理由は:
そんな犬噛まれたらかなわない 誰がお金を払うのか? 本当に払ってくれるのか? 一ヶ月といって飼ってくれる人が見つからなかったら放置するのではないか?

たとえお金の為に引きうけても良いと言われても、とても繊細な上にデリケートな状態のアフガンハウンドです。
こちらの考えが理解できない方に犬を預けることも、同じ視野を持たずに一緒に行動する事も難しいのが現実です。

   

オルフェが小さい頃、家庭犬のしつけ教室に通った事がある栃木県のトレーニング施設は、助けてくださりたいお気持ちはありながら、そちらの施設が被災しているため無理でした。
そのような中にあっても被災犬のお預かりもされているそうで、こちらからも無理にお願いする事はできませんでした。

それでもアドバイスは頂き、そのような暮らしをしてきて人間にも環境にも信頼ができない経験をしてきた子には、静かで安定した状況を提供し、誰にも邪魔されることなく安心していられるサークルの中で、何も要求せずにそっとしておいてあげることが一番良い対処法であると教えて頂きました。


<このような際、人間(&先住犬がいる場合は静かで安定している子でないと難しい...)はいつも通りの生活を送り、その様子が観察できる室内の落ち着いた場所にサークルを設定してあげること。

人間は感情を抑えつつトイレの掃除やご飯のお世話をして、かわいそうだからとしょっちゅう様子を見たり、むやみに手を出し過ぎたりしないで、自然な声かけ&優しさで安心感を伝えるだけで良い。

人間は不安を感じさせないように距離を保ち、犬が近づいてくるタイミングを待って、触らせてくれるようになったら撫でてあげる。
い週間で変化があるだろうし、時間のかかる子でも一ヶ月、それでだめなら二ヶ月と、焦らずに続けていればよほどの精神的肉体的な虐待を受けていない限り心を開くから、この環境を提供できる人がいれば良のですが>




そして、長野県には保健所を管轄する県の動物愛護センター<ハローアニマル>があるから、相談すれば必ず何か力になってくれるでしょうと教えて頂きました。

それから、電話やメールでのやりとりを重ね、偶然にもDNFメンバーの他のトレーニングルートからも同じところに話しが通じ、所長さんもこの問題を重要視しているそうだとメッセージを頂きました。



私がこのセンターに最後にお願いしたことは、現地に残る犬のお預かりが決まったので、当日女性二人での捕獲は不安だし長い時間がかかり犬が不安定になってはいけないと考え、犬の扱いに慣れている保健所か県の動物愛護センターの方の立会依頼でした。

そうでないと、また東京からそのために誰かそ探して現地への動向をお願いする作業が必要になりますし、安心してお願いできる人を探すことさえ大変なのです。

また、万が一にも元飼い主(権利放棄書にサインを頂いておりますが...)とトラブルが起きた時も、最後の時に立ち会って頂いている事がトラブル防止に繋がると考えたから。

たったそれだけの事なのに、結局は公的機関である立場上、何一つ手伝うことはできないとのお返事が届きました。





住民からの相談によりこの悲惨な現場を見ていながら県の動物愛護センターに報告する事もなかった現地の保健所

私からの相談でこの事態を知りながら、法律に縛られて現場に足を向けることさえできないと言う県行政

これでは何のための動物愛護センターで、このような犬たちを護ってくれるのは誰なのでしょうか?


虐待の被害を受ける犬を保護し、ここまで悪質な飼い主を取り締まることができないのであれば、動物愛護を掲げて仕事をするべきではありません。




この多頭レスキューが始まり、時間・資金・体力・仕事・我が家の犬たちのお世話や家族との関係で毎日本当に大変で、正直ギリギリのところを頑張ってきました。

我が家の犬たちはありえない程毛玉だらけで、セナとエルにはバリカンを入れることになるかもしれません。
<健康的に美しく>をテーマにコートケアの会社に携わる私がここまで犠牲を払っているのです。

行動を共にするのメンバーの二人は癌を患う愛犬を抱えていますし、私も要介護の老犬の世話でただでさえ大変な毎日です。

他県の一般市民たちがこれだけの努力をして頑張っているのに、犬の保護の為に税金からお給料を貰っている人たちが法律を順守する立場の為に何もできないって、そんなこと!


日本には動物を虐待してはならないという法律はないのでしょうか?

その法律より重要とされる、虐待した人間を護るどんな法律があるのでしょうか?

すべては解釈の問題であり、事なかれ主義から出た結論としか思えません。



このような事はこのブログに書かなくても良いことかもしれません。
でも、こんなに酷い目にあった犬たちの為に、こんな中に生まれて短い短い命として逝ってしまった仔犬の為に、私は代弁者としてこの事実を愚痴っておこうと思います。


来年は法律改正が予定されています。
現場の人たちにもジレンマがあると言うのであれば、どうすれば動物たちの為に有効な法律となり、動物に携わる職種の公務員が満足のいく仕事ができるかをしっかり考えて、現実に即した県の条例を作る努力を今すぐに始めてください!


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。