フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度真央さんネタ !

ごめんなさい!
もう一度オリンピックのフィギアスケートのお話です^^


真央さん~

真央ちゃん~~



ジェットコースターに乗っているような二日間でした!

ショートでまさかの16位

どうなる事かと思って挑んだフリーは とにかく凄すぎて魂が震えました...





私 犬ブログで書いておりますが、 実はかなりフィギアスケートを追いかけています^^
白状しちゃうと、ブログチェックも犬物よりフィギア物の方が熱心でして...笑



昨日のフリープログラムの真央さんの演技の凄さは、普通の人にはわからないものだと思う。
点数は本来であればプラス10~15あっても良いくらいのプログラムであり神がかった演技でした!


真央さんがずっと追求してきたトリプルアクセル(3回転半)は現役選手では真央さんしか飛べない、男子でも難しい大技。
そして、3-3(トリプルトリプル)も他の誰よりも難しい組み合わせ、ダブルアクセルのコンビネーションも女子の物としては最高難度と言っていい。

簡単に言うと、今までだれ一人チャレンジしたこともなく、今の現役選手の誰一人実現できない超難プログラムにチャレンジして成功したのです!


マスコミは自己ベスト更新とか言って喜んでいるけれど、実は色々とおかしなポイントがあります。
他の選手では認めれれている程度の回転不足(というより、セーフに見える?)に非常に厳しい判定がだされて減点。
美しい成功ジャンプでさえの加点が他の選手に比べて極端に少ない。
芸術性やスケーティング技術への評価なども???意味不明


でも そんな事どうでも良いくらい、
ファンならば皆涙腺崩壊の神演技でした!






一昨日のショートプログラムでは真央さんにはありえないミスと、これまた信じられないような採点で真央ちゃんだけでなくファンも顔面蒼白でした。

私なんて、

<神様も、亡くなったお母様も どうして真央ちゃんを支えてくれなかったの?

4年をこの日だけにかけて来た真央ちゃんの心は壊れてしまうのではないかしら...>


と複雑な思い襲われる”勝手に親戚のおばちゃん気分”で、昨日は朝から夜まで恐ろしく落ち込んでしまうほどでした。



でも、このロングプログラムの演技を見て緊張が感動かわり、その後すべてに納得したのです!

スケートの神様もお母様も ちゃんと真央さんを導いてくれていた^0^



では、なぜにそう思うのか?

今朝の演技で使われた音楽は セルゲイ・ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18」

ラフマニノフはロシアの作曲家ですが、作品の酷評、プライベートでの問題も重なって自信喪失から創作不能に陥り、絶望の果てに精神衰弱にも襲われます。
後に治療の甲斐あって回復し作曲ができるようになるのですがが、その数年間の苦悩を抜け出すきっかけになったのがこの楽曲。



私の考え、おわかりになりますか?
ラフマニノフのこの曲と一体になるためには絶望的な感情が絶対に必要だったのだと思います。

ショートの事は本当に残念で残念でなりませんが、あの経験なくしてこの気迫の神演技ができたかどうか。
それほどの、技術を超えた超人的な世界がそこにはありました。

技術を超えたと書きましたが、そんな事ができたのも真央さんの尋常ではないフィギアスケートへの真摯な姿勢と精進の日々があったから。

神様は、営利目的に発展し続けるオリンピックを象徴する金メダルや、審判の裁量でどうにでもアレンジできる採点などを超えた世界を真央ちゃんを通して私たちに見せてくれた。


ロシア・フィギアスケート会の重鎮、タラソワさんのロシア解説は、本当に優しく真央さんへの愛に溢れ、最後は涙で言葉が震えていました。

演技終了時にはあの冷静沈着そのものに見える佐藤先生も、瞳に涙を浮かべておられました。

佐藤コーチは 「何かあったら先生が助けに行くから」と声を掛けて真央選手を送り出したとか。


ああ、こうして書いているだけでまた私も涙が...





楽曲に付いてはこちらに詳しく↓


続きを読む »

スポンサーサイト

ソチオリンピック

前回も書きましたが、ただ今絶賛開催中の冬季オリンピック

日の丸飛行隊の活躍で、私のギザギザした気持ちもポジティブになりつつあります^^

銀メダルに終わった個人ラージヒルの後で葛西選手の言葉が凄く心に響きました。

<4年後に(高梨)沙羅ちゃんとアベック金メダルをとります!>


正確には覚えていませんが、雰囲気はこんなカンジだったと思います。

世界中に金メダル確実と言われていた沙羅ちゃんがメダルを手にする事なく帰国して、みなさんに申し訳ないとい意気消沈していると知り気になっていました。

スキ―会のレジェンドと言われる大先輩のこの言葉は、きっと沙羅ちゃんの心を少しでも軽くしてくれるのではないでしょうか^^
それにしてもこの前を向く精神、表情、葛西さんって現代の野武士のよう。



スケートは色々な意味で予想通りの展開となり羽生君が金メダル^^
二回の転倒は残念でしたが、日本男子初の金メダルは素晴らしいです。

カザフスタンのデニステン君も好きな選手の一人です。
メダル候補が次々と失敗をした事もありますが、昨年の世界選手権での台乗りが決してまぐれではなかった事を証明しました。
銅メダルおめでとうございます^^

私が好きなフィギアスケートの選手には、演技もありますがやっぱり目つきや発言、態度が大きいですね。
真摯に努力を重ね、仲間をリスペクトする事を忘れず、エースとなってもおごることなく誠実に歩む姿勢が見える選手は心から応援したくなります。
そしてそんな若者を見てると <私ももっと頑張って生きなくっちゃ!> って思います^^


ここまでで私が一番感動したのは やはり高橋大輔さんの演技です。
彼の魅力と存在意義は私のつたない文章で表現する事などできませんので、もしご興味のあるかたがいらしたらこちら↓のブログを読んでみてくださいませ♪


芸術家 福地知佐子さんのブログ


このブログは芸術全般に触れておられて、内容はもちろん端的で深い言葉が印象的で読ませていただくようになりました。
スケートのカテゴリーでは唯一無二の高橋さんと浅田真央さんについて数回取り上げられ、異次元のスケーターとして存在する二人の魅力を素晴らしい描写で表現して下さっています^^

また、ここでは触れられていませんが、高橋さんが尊敬するスケーターである アイスダンスのアメリカ代表 メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト(愛称 メリチャリ)組も本当に素晴らしいです!

これまでアイスダンスにはさほど興味をそそられる事がなかった私でしたが、このペアの演技を初めて見た時からその感覚ががらっと変わったほど。
今回は銀に終わったカナダの テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイヤー組もメリチャリがいなかったら...という素晴らしいペアです。

もし興味のある方はこちら↓に動画がUPされているようですのでご覧くださいませ^^

ソチ五輪 アイスダンス


明日は遂にフィギアスケート 女子シングルです。
真央さんが心の迷いを取り払って、浅田真央が浅田真央である事を証明して貰えたらワタシは涙してしまいそう...

また、日本代表の女子3人はみなさん今季での引退を匂わせておられます。
どうやら、このソチが安藤さんから始まった<日本女子最強時代の最後のオリンピック>となるようです。
全員がすべてを出し切った納得の演技で終われるように、心より応援したいと思います。




と言う事で、今日は私の<勝手にソチオリンピック特集>となりました!

次回はたぶんいつものワンコネタで...笑 


                     by えるぐれあ



気が付けばバレンタインデ―!

また やってしまいました~!


ブログUPを すーーーーっかりご無沙汰してるうちに 二ヶ月以上経過...汗


クリスマス&年末年始はは遥か彼方、寒中お見舞いを出す時期さえも過ぎ 今日はすでに2月14日!

暦の上ではバレンタインデー♡
そう、こんな雪じゃなかったら世の幸せカップルは素敵なディナーを予約したりだったんでしょーね!

いいなぁ、そういう年代^^
懐かしなぁ♪
私くらいの年齢になると チョコレートさえ買い忘れてしまいそうになるのョ^0^



そしてそして、ただいまソチ冬季オリンピック真っ最中!
夢中で見ていると書ければ良いのですが、実は私心中複雑でございまして...

以前にも書いたと思いますが、私フィギアスケートが大好き。
3歳からクラシックバレエをやっていた私の記憶には、幼い記憶の彼方のジャネットリンから始まり、カタリナビットや伊藤みどりは衝撃的で、品川プリンスのフィギアスケート教室に通っていた同級生が羨ましかったほど^^


でも、私が心を鷲掴みされるような感動を得ることがある選手は、高橋大輔さんと浅田真央さんだけ

好きな選手なら他にもいるし、羽生君の強さには感心するけれど、残念ながらまだ彼の表現する世界は私の心に響かない
リプニツヤヤちゃんも同じく、団体戦の演技は素人には見た目ノーミスで素晴らしかったけれど、まだまだ子供の演技であの点数を出すジャッジメントはホトホト呆れてしまう。

以前からKYやPC選手の、同じ演技を見ているとは思えない点の出方にフィギアスケートというスポーツへの興味と敬意が薄れて来ていた。
マスコミの表面的な偏った報道にもイライラさせられたし、今回はオリンピックという巨大なモンスターの腹黒さをストレートに見てしまった気がして、心が重くてまったく楽しめないほど...

とっても残念な程に、オリンピックの価値や敬意が音を立てるように壊れております><

つい最近までは東京オリンピックが日本経済、そして東北復興の起爆剤になってくれたら、この日本の子供たちにも夢を与えられると思っていたのにね...


なんて、ひとり言を書いてお茶を濁して



さてさて、去年更新が少なかったのは、なかなか自分の時間が取れなくなっている事もありますが、今回はいろいろあり過ぎて書いている暇がなかったのでございます!

いろいろのそれぞれは また追い追い報告させて頂きます。


では、今日のところは2014年初のUPと言う事で、〆は新年の我が家のアフズの写真で遅ればせながらのご挨拶^^


CIMG0442.jpg



皆さま、本年もどうぞよろしくお願い致します♪



                    by えるぐれあファミリー

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。