フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばしのお別れ...

2018年 戌年 1月17日です。

本年が皆様にたくさんの幸せをもたらしてくれますように!



そんな新年早々、我が家に大きな出来事がございます。
私たち家族のひまわりのような笑顔あふれるアイドル、エルコンドルを神様のもとに戻っていきました。
1月9日 午前に 自宅のソファーの私の腕の中で...


PICT0023bis_20180117081032481.jpg


昨年の6月に早食い大王のエル君が食事を食べにくそうにしている事から歯槽膿漏を疑い病院へ
院長先生に診て頂いても口内にそのような様子はなく、念のために抗生物質を処方されましたがエルの様子に変化なし。

一応様子を見るうちにご飯を残すようになり、セカンドオピニオンを貰いに保護犬トータスで大変お世話になりました郊外の病院に連れて行き、喉の奥に腫瘍があることを目視で発見。
大学病院での検査の結果、舌の位置で隠れてしまう場所にサクランボ状の物は扁平上皮癌という悪性腫瘍でした。
平均寿命二ヶ月、長い子でも三ヶ月と宣言を受け、大丈夫だから、ママが付いているからとエルに声をかけながら運転する私でしたが、それは動揺する自分への鼓舞でした。


そこからたくさんのことがありました...
今、皆様にブログで詳しいお話をする気持ちにはなれませんが、足の骨折での緊急手術、骨肉腫の発症など本当にたくさんの出来事がありました。
ただでさえ余命長くて3ヶ月をいう癌を抱えて、麻布大学、東大、地元の主治医、海外の獣医師の友人が揃って同じだった余命期限を遥かに超え半年間頑張ってくれました。

お世話になった先生皆さんに、ちょっと聞いたことがない事例です。
私たちの専門医の常識を超える出来事です。
すごい子ですね、頑張りましたね!
と言っていただきました。


PICT0001bis_20180117081041253.jpg

IMG_2015Bis.jpg

DPP_1494Cut.jpg


とてもとても すべてにかわいい子でした。
いつも笑顔で楽しそうで、たくさんのアフガンに囲まれて暮らす我が家の永遠のアイドルでした。
もし、神様がもう一度ひとりだけ同じ子を私たちに下さるとしたら、パパは絶対にエル君がいいとずっとずっと言っていました。
この子をセンターから引き出してくださり我が家とのご縁を繋いで下さりました、 東京の保護団体 ドッグシェルターの皆様に改めて心からの感謝をお伝えいたします。


エルとのお別れが近づく日々、神様とエル君にお話ししていました。
今回与えられた命の最初も最後も普通の人の想像を超えるほど大変で、それでもエルはこんなにこんなに頑張った。
だから今度は100%の元気な体で最初っからパパとママの子として生まれ変わって100%幸せな生涯を生きる権利がある。
神様はきっとわかってくださる方、絶対にそうなるから、この壊れちゃった体にお別れしても大丈夫だよ!
だって、そうに決まってるんだから!!!


エル君、これは永遠の別れではないから、安心して少しの間オルフェやディーバと一緒にお休みしていてね...


1545699_530186510422197_2082941814_n.jpg


スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。