フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気管支炎

昨日の続きです。


一昨日から咳が止まらなくなったガウディを連れて昨日は朝一番で病院に。

その段階では熱もなく肺炎は除外され、リンパ節が腫れているので気管支炎と診断されました。

これって犬の風邪と称される症状の一つですが、犬の場合ウイルス性ではないので伝染の心配はないそうです。

咳の原因は他に肺・心臓の疾患が考えられますが、ガウディは2歳なので可能性はとても低いとの事。

まずは一安心で、抗生物質、咳止め、痰切れの3種類のお薬を5日分頂いて帰ってきました。


お家に戻りすぐに朝ごはんとお薬を!
でも、疲れたのかゴハンはいらないそうなのでお薬だけ飲ませて休ませました。

ちょろちょろ様子を見ていると薬が効いてきたようで、ゴホゴホ・ゲヘゲヘした咳はコホンコホンくらいになりました。
でも午後になり、何だか朝よりぐったりしているような?!

熱を測ったらナント 39,7度!

車が苦手なガウディ(セナ&エルもですが...)なので、歩いて病院に行ったのが悪かったのかしら...大反省です。

少々あわてながら先生に電話したら、明日までこの薬で様子を見て41度まで熱が上がったら肺炎が心配されるので点滴することに。

ゴハンどころかお水も飲まないので何もしてあげられない私。
とにかく、ゆっくり休んでもらうしかありません.....


その後の経過は:

昨日の夕方 39,5度
就寝前    39,2度
今朝      38,8度

良かった!
食事はしないし、調子は悪そうですが、トイレも自分で行くしもう大丈夫。

それにしても、エルが来た事でガウディも神経を使っていたのでしょうか...
4頭の中でも一番優しくって、一番繊細なガウディです。
エルのこともすぐに受け入れ仲良しになってくれましたが、その小さな心にはいろいろあったのかもしれません。
そこにこの急激な寒波で体調を壊してしまったのかな?

それにしても、女の子二人は全く異常なし!
犬も人と同じで女性のほうが強いのかな?

皆様も、体調管理には充分にお気をつけくださいませ。


by: えるぐれあ
スポンサーサイト

<< ガウディ回復中  【BACK TO HOME】  調子悪いの... >>


◆ コメント ◆

「お大事に」


ガウディー君、今朝のお熱は38℃台に下がったのですね。
少し安心ですね。

もともと自然界の動物って具合の悪いときは、絶食&ジッとして回復に努めるようですから仕方ないのでしょうが、何か少しでも食べてくれると回復も早いのに…って思ってしまいます。

ガウディー君、若いから回復はきっと早いと思います。
早く元気になってね!ガウディー君!
くれぐれも、お大事に。。。


「ショーティーのママ様」


ご心配頂き、ありがとうございます。

ガウディは先ほどから動きがよくなってきて、水もたくさん飲んだし、後は何か食べてくれれば回復に向かうと思います。

エルはもうすっかり元気で、悪戯に没頭しています!
お使いに出た一時間の間に、居間にオピッコ3箇所してありました...


「ガウ君おかげん如何ですか?」


エル君、ガウディ君と立て続けにタイヘンでしたね・・・。
言葉で苦しいと言えない分、ガマンしてしまいますものね・・・。

ガウディ君、ナイーヴな性格ですから、結構ストレス感じていたのかもしれませんね。
我が家のロンもマイペースなようでいて、意外に繊細なので訳が判らなくなります!
お出かけしていて疲れやすいのはロンのほうかな?アレックスはむしろ変化を楽しむ所があるのですが、ロンは自分のペースを崩されるのを嫌います。

・・・あと、男の子ってちょっとしたことですぐ体調崩すので・・・世の中女性のほうが強いのは、生き物全体に言えることですね!


「ガウ君」


えるぐれあさん こんばんは
ガウ君気管支炎なのですね
熱も結構高かったのですね
でも少し良くなっているようで
安心しました

えるぐれあさんもお体に
気をつけてくださいね
ガウ君早く元気になーれ!


「えくうすさま」


そうなんです、ガウディはとってもナイーブなところがあって、旦那曰く ”父親似” だそうですv-14

昨夜・今朝と少しだけ食事をしてくれたので回復に向かっています。
体が大きい分一番存在感のあるガウディが歩いていないと何だか寂しいです。

ところで、その他3頭のお散歩は思った以上に楽チン!
やっぱり大きい男の子は飼い主の体力を奪っていることを実感です。


「メルユキまま様」


ユキちゃんのBOB、ホントにおめでとうございます。
私が思うに一度良い成績を残すと、後にも良い影響があるような。
これをきっかけにメルちゃんもユキちゃんも、CH完成頑張ってくださいね♪

ところで、ガウディは薬飲ませてから40度近い熱が出たので、先生からも要注意と言われました。
抗生剤飲んでいなかったら、点滴騒ぎになったと思います。
かわいそうにかなり喉を痛めたらしく、まだ”ワン”て言えないのですよ。
ご心配頂き、ありがとうございました。


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。