フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

エル・コンドルの成長記Ⅰ

雪の日のセナとエル


先日初めての雪に驚きながら遊ぶエルです♪

12月8日に我が家に来たので、まだ2ヶ月経っていないんです...


初日のエル1


初日のエル2


初日のエル3



この三枚は初日の様子です。

シェルターでのエルはかわいい性格でみんなに可愛がっていただいたようです。
でもなかなかトイレの躾が入らず、それも最初のトライアルステイが失敗した原因の一つでした。

画像では見た目の大きな変化はわかりませんが、極度の運動不足で腰と後ろ足がまだ安定していませんでした。

我が家の階段をひとりでは昇降できず、仕方なく初日は居間にサークルを設置しクレートとトイレを用意しました。

エルにしてみれば度重なる変化で、このサークルは安心できたようです。
彼の反応がわからないので食事はサークルの中であげましたが、不安からか手作りゴハンがお口に合わなかったのが、半分も食べてくれませんでした。

アップの画像でまだ心を開いていないのがわかります...



私達もドッグシェルターのスタッフさんたちも、一番心配だったのはトイレでした。
ところが不思議なことに、サークルの中では失敗しないのです。

トイレを済ませるとサークルから出してもらいみんなと遊んだり、キッチンの様子を見に来たり屋上で走ったりが楽しくって、3日目くらいにはサークルの中で過ごす時間は寝るときだけになりました。


屋上で遊ぶエルとセナ



セナとエルはほとんど大きさが同じです。
遊び仲間にちょうど良いらしく、セナと一緒にいる事が多かったです。
顔つきも少しだけ柔らかくなったように見えます♪

この頃はまだひとりで寝ている時間も多かったです。
みんなといると気を使うし、たくさん動くから疲れたのでしょうね。


ガウディ&エル 屋上で



ガウディがとても優しい性格なのと、エルもとてもフレンドリーな気質なので男の子同士でもすぐに仲良しに!

足がまったく鍛えられていなかったので、ちょっと走ったりお散歩するだけで肉球の間の薄い皮膚が切れ出血しました。
毎日何度も消毒と軟膏をつける必要がありましたが、決して嫌がらずに薬を舐めることもありませんでした。


サンルーム


屋上のベッド



3日目以降は階段も頑張って自分で降りられるようになったので、本来トイレを設置してある屋上にフカフカベッドを作り、夜はそこで寝かせるようにしてみました。

とても不思議なことにトイレの失敗は2~3日に1度くらいで、彼がトイレを理解したことは明らかでした。

シェルターでも最初の里親候補のお宅でも、まったくできなかったはずなのに!?
エルはココで暮らすことを受け入れ、自分も頑張ることに決めたようでした。
彼はとても学習能力の高い犬で、これだけの状況の変化に力強く対応するところは、私達も見習わねばと思うほどでした。


3Fでひとりで寝るようになった初めの夜は、明け方の5時くらいまで静かに寝てくれました。
ところが翌日は4時、その翌日は3時くらいに、寂しそうに小さな声でピーピー鳴くようになりました。

続く...


by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< エル・コンドルの成長記 Ⅱ  【BACK TO HOME】  初めての雪遊び♪ >>


◆ コメント ◆

「エルグレア様」


こんばんわ。
(先日はお名前をエルグレアさんとジェラリエーヌさんと間違えてコピペで送ってしまってすいませんでした。深夜ともなると頭がさえても無いのに、エルグレアさんのコメントに以上に興奮してコメントアップさせていただき失礼してしまいました。こんなすっとぼけた私をお許しくださいませネ。)

さて、エル君!本当に穏やかな顔つきになってきましたね。嬉しいな~v-238
私もドッグシェルターでエル君に会ってますので、彼がどんなにやせていて細く華奢かも知ってますので、今日のお写真拝見して変化がわかります。
我が家ののサリーも来た頃は後ろ足の筋肉が弱っていてしかも子供を産みすぎてO脚になってますし、階段が大変でした。その姿をみて、何度涙ぐんだことでしょう。(今は散歩のリードをぐいぐい引けるようになってます。って言うか・・・体重も増えて、いいえ、増えすぎた体重も加わってグググイットすごすぎる力にちょっっと大変さが出てきていますが。)
少しずつ、少しずつ、家族として絆が強くなっていく感覚がなんともいえないですね。
エル君のお目目がクルックルになってきて見るからに幸せそうです。
私も幸せ気分になります。
お互い4人の子供のママとして、頑張りましょうね。



「カンチュンママ様☆」


名前の事はどうぞお気になさらずに~☆
本当に保健所に連れ込まれる犬・猫、どこかで虐待を受けている子達を思うと、本気で腸が煮えくり返りますよね!

そう、東京でエルに会って下さっているのですよね。
私達も受け入れる前に2回会いに行きましたが、まさかこんな性格が隠れているとは想像もしませんでした!
シェルターの代表の方も、エルとサリーちゃんはまったく同じで驚くほどだとおっしゃっています。

最悪な形の出会いですが、たぶん私達は二人を通して親戚なのですね。
親戚と言えば、たぶんショーティー家のココちゃんもそうだと思います。
ココちゃんはパスタなどに異常に反応するので、たぶん残飯的なものをメインに食べていたんだろうとと聞きましたが、我が家に来た頃のエルも本当にそうでした!
今では他に美味しいものをたくさん知って、特に反応しなくなりましたが♪

仰るとおり、エルは家族の絆を知り安心して暮らしています。
シャンプーするたびに足がモコモコしてきて、ちょっとしたことで私もとっても嬉しいです♪
4頭はやはり大変だけど、楽しさ・シアワセもたくさんですから頑張りましょうネ♪


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ