FC2ブログ
 

フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

もう一つの署名活動

先日のこのブログで:

”できることからやってみませんか?”

というタイトルで動物虐待を防止するための署名活動の事を紹介させていただきました。

その記事へでコメントにカンチュンママ様からもう一つの署名活動のご紹介下さり、しかもとても丁寧に説明して頂いております。

このコスタリカでのアートという名を掲げた無情な犬の虐待の事は私もおととい知り、早速インターネットでできる署名にサインをさせて頂きました。

せっかくですので、カンチュンママの記をそのまま掲載させていただきます。


                      ☆ ★ ☆


署名活動お疲れ様です。
またまた悲しい事件が起きました。
こちらも署名を募っておられますので、よろしくお願いいたします。
ネットから署名できます。
南米コスタリカで、「芸術」という名のもとに犬が餓死させられたニュースで、これ以上犠牲になる動物を阻止するための署名が始められています。

http://petloverstips.com/ForTheLoveoftheDog/news-updates/a-dead-dog-as-art-petition

(英語ですが、写真があります)

コスタリカで犬を繋いだまま放置し、餓死して逝く様を見せ物にして殺しました。
それが、アートだといわれているそうです。

展示場へ訪れた人達のたくさんの人達が、餌をやろうとしたり、抗議 をしたそうですが、その芸術家グループ側が断固として阻んだそうです。でもそういう抗議行動が大きくなればなるほど、その芸術家の思うツボになるため、なんとか隠れて餌をあげようとした時には、その犬はもう何も喉を通らない程衰弱していたそうです。

このような、悲劇が繰り返されないよう、犠牲になる動物が二度と現れないよう、皆様の署名が必要です。
ご協力お願い致します。


■請願にオンライン署名して下さい!
「Bienal Centroamericana Honduras 2008」という次の展示会に、展示させない為のボイコットです。

http://new.petitiononline.com/13031953/petition.html

下の方に四角で囲まれた「Click Here to Sign Petition」
というのがあるので、そこをクリック。

署名の仕方!(ローマ字)

Name: (required) (名前)
Email Address: (required) (メールアドレス)
Ciudad / Localidad: (required) (町の名前)
País: (required) (国)

そして、「Preview your signature」にクリック!
次のページの「Approve Signature」にクリック!


ご協力、よろしくお願い致します。



                      ★ ☆ ★


本当に酷い話です。
人間とはいったい何なのでしょうか?

どうにかしようとしてくださった方々がいらしたようですが、グループになっていると多勢に無勢だったようです。
その事態の周りにはまともな神経や判断力を持った人間がたくさんいるはずなのに...
警察だって動けるはずなのに!
最近盛んにテレビでやっている相撲界のリンチ殺人と同じですよね。

せめてもう二度とこのようなことが行われないためにも、犠牲になった命の冥福を祈りつつ、宜しければ署名をお願いいたします。


by: えるぐれあ
スポンサーサイト



<< キレイなお姉さん☆  【BACK TO HOME】  私のブロンド王子様☆ >>


◆ コメント ◆

「」


この署名は以前何処かで拝見して即ネット署名致しました!
本当に酷いですね…不謹慎な発言ですが犬では無くてめぇの身内繋いで『芸術』をしやがれと思いました。
できますか?と…


「」


人間って本当に怖いですね。
何でも理由をつけて自分達の思いのままにしちゃうんですから。
いつまでこんな事が続くのか。。。
でもそんな人間ばかりでは無いことを私は知っています。
何かが変わる。
そう信じましょうね。


「」


本当に酷い話です。
私も別の方のブログでこの一件を知り、署名しました。
こんなことが出来る人間は、人間ではありません。
絶対に天罰が下ります。


「サンクスメッセージ」


アレックスパパ様:

メッセージありがとうございます。
不謹慎かどうかわかりませんが、命を懸ける芸術を主張するのであれば、自らの命で表現するべきです。
それ以外は単なる犯罪です!


みぞ様:

人間とは何なのかと、考えてしまいますよね。
もし、面白半分に人間を襲い殺す生物がいたとしたら、その生物は間違いなく人間が抹殺しているはずです。

これは文化の違いでは語れない出来事です。
でも、日本にだって近い感覚の狂人はいるはずです...
私達としてはそれは許されないのだということを表現するしかありません!


ごんた様:

こんな事をする人間は生きる資格がないと思います。
必ず天罰が下ると考えることすら、本当は情けないです...


「」


何とも酷い!
文章は英語なのでチンプンカンプンでしたが、あの映像が芸術?
ただ、イカレた狂気を表しただけにすぎないではありませんか!
第二次世界大戦中の731部隊を思い出してしまい、気分が悪くなって来てしまいました…
動物虐待って世界規模で存在するのですね。。。
早速、署名いたしました


「ショーティーのママ様」


人間はいつまで同じ過ちを繰り返すのでしょうか?
戦争の20世紀が終わり平和の21世紀が来るものと信じていた私は、人間の馬鹿さ加減を思い知らされる毎日です。

冒険家の野口さんが語っているように、戦争で使う膨大な予算とパワーを世界の環境保全に使えばどれだけの効果が期待できるか!
そこには生物・動物の命を護ることも含まれるはずです。
人間は、特に世界を動かしている人たちは、いつその本質に気がつくのでしょうか...

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP