フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害レスキュー犬が里親募集中!

災害などのレスキューに携わってきたワンちゃんたちが引退するため、穏やかな家庭の幸せの中で余生をおくらせて下さる里親を募集しているそうです。

また、飼い主さんが亡くなられて里親を必要としているビーグルちゃんもいるとの事です。

詳しくはカンチュンママ様のブログをご覧くださいませ。


災害レスキュー引退犬の里親募集


関西の方なのでそちらの方面の方がよいのかもしれませんが、赤い糸がどこから伸びているのかは神のみぞ知る!ですよね^^




そして以前に書きました 動物虐待への対策強化を求める請願の署名活動 ですが、締め切りは今月いっぱいです。

”時間はあるな、そのうちやろう!”

と、思っている方がいらしたらそろそろお願いいたしま~す♪

ご参考までに→ できることからやってみませんか?


皆様のご協力をよろしくお願いいたします。 


by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< 夢 <エグレア>  【BACK TO HOME】  セナのファミリー パート3 >>


◆ コメント ◆

「災害救助犬」


災害救助犬・・・良い響きです。・・が、しかしながら・・
疑問も残るのは私だけでしょうか?幼い時から・・仕事をし余生は暖かい家庭をと・・それも納得できます。では、始めから、救助犬として育てるときに犬の行く末を考えておく事もできたはず。訓練にもいろいろな条件も必要なのかもしれないが、時には飼い主のある犬を訓練し・・災害時に活躍を頼んだりは無理なのか・・なんか・・そこらへんのブリーダーが、生ませるだけ生ませて・・ポイ・・と、するのと違いはあるのかなあ~こんな屁理屈を思うのはヴィヴィアンだけかなあ~一緒に活動をしてきた方は、わが子のような犬を簡単によそにあげれるのかあ~先進国の救助犬の最後がこれかなあ~・・ぼやきの多い今日のヴィヴィアンです。


「ヴィヴィアン様」


わかります、難しいところですね。
私も北海道にある引退した盲導犬の為のシニアホームの事を取り上げたテレビ番組を見て”...”でした。
そのホームには10頭くらいのリタイア犬がいて、寝たきりの子、まだ元気な子を一人の女性が世話しているのです。
その頃ちょうど2年間寝たきりだったエグレアを見送り、介護の大変さを実感していた私でしたから余計にかわいそうで見ているのが辛かった...

それでリタイアする盲導犬の里親になろうと夫婦で話し合ったのですが、探したのですがタイミングが悪かったのか見つかりませんでした。

実家の近くの目のご不自由な方は不憫でたまらないと引退する犬を手元に残し、最後まで一緒に暮らすことにされたそうです。
でもそれはご家族がいらっしゃるからできること。
引退犬と引き換えに次の子を渡すという条件は、家族の構成や協力でどうにかならないのでしょうか...?
もしくはパピーウォーカーさんの家に基本的に戻れるという仕組みにできないのでしょうか・・・

災害レスキュー犬ですが家庭犬&飼い主による訓練ができるようです。
警察犬だって基本は訓練の入った犬と飼い主のボランティアですからね。
今回の子達の里親探しは先駆者(犬)ゆえの苦労であって欲しいです。
とにかく、人を助ける仕事をする犬達の基本的権利の尊重は真剣に考える必要がありますね。


「よかった~」


よかった・・偏屈女と思われなくて・・コメント送信する時
に、ちゅうちょしたんだ。v-221


「プチ、ご無沙汰しております」


「災害レスキュー犬」も引退があるんですよねぇ・・・
以前に、「TV」で、「北海道の盲導犬の引退」のその後を観た時、こういう「余生」を過ごせる「施設」があるなんて、素敵と思いました。
「災害レスキュー犬」は、「阪神淡路大震災」から、大きく取り上げられましたよねぇ・・・
あれから、10年以上がたっているわけですから・・・
また、「余生」を過ごせる施設も出来るといいですね!

「赤い糸」がみつかりますように・・・


「あんず様」


あれから10年以上経つのですね。
そして人のために危険を犯して働いてくれた犬達の余生、幸せになってくれないと不憫です。
今後は犬として家族との楽しさを充分に味わってもらえるように願います!

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。