フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も記念日<エル・ヨルティップ>

3月17日の今日もわたしの大切な記念日なんです♪


Urtype


それは亡きエグレアのパートナーでオルフェのおじいちゃま、エル・ヨルティップのお誕生日。
エグレアとヨルティップは3日違いで同じブリーダーさんで生まれたんですよ!
運命の二人は運命のように私と家族になり、そして強い絆で結ばれたカップルでした。


ヨルティップはエグレアが大好きで!

大好きで!

だーい好きでした! 



だから他の女の子にヒートがきても匂いを嗅ぎに行く事もしませんでした。
でもエグレアにヒートが来ると、一週間くらい食事をしないで過ごすこともありました...

そしてエグレアだけでなく、私や私の家族やお友達などへの愛情が全身から溢れ出ている子でした。


Mt St Michel


こちらはフランスの世界遺産 モンサンミッシェル


モンサンミッシェル ヨルティップ


モンサンミッシェル エグレア


この近くの農家を借りて過ごした夏休み
砂浜で一休みするヨルティップの遙か彼方に見えるのがモンサンミッシェルです。

早朝の限りなく広い砂浜では気が狂ったように遊び、走り、野性のアフガンハウンドを髣髴させてくれました。


ノルマンディーの農家にて ヨルティップ


借りた農家の庭には鶏が遊んでいました。
その先には隣の牧場の牛さんもいました♪
ハウンドですから興味津々で、時々追いかけて遊んでいました。


ドッグレーストレーニング


これはレースの練習風景か、田舎のお祭りのイベントだったと思います。

一番左手のゼッケンNo,6がスタートに失敗したヨルティップですが、ギアチェンジでこのくらいの遅れはすぐに取り戻しました。

エグレアとヨルティップはドッグショーにも出ていましたが、ヨルティップは特に素晴らしいレースドッグでした。
彼の柔らかい地面のタッチと風のような走りは見る人の目を奪い、そのスピードは圧倒的なものでした。

ヨルティップの妹 (ゼッケンNo,5) のエスカーちゃんも凄いスプリンターでしたから、この2頭はしばしば勝利を競い合っていました。

エグレアは身体能力においては彼らに及びませんでしたが、勝負に対する執念とレース感のよさで時々勝利しては満足そうに喜んでいました。

ヨルティップとレースをやっていて、アフガンハウンドの本当に正しい骨格を理解することもできたと思います。


Ell Urtype picture



ヨルティップが肺がんの末期であるとわかったとき、

<この子が死んでしまうくらいなら私の命と交換してください!>

と、何度神様に祈ったことでしょう。


最後の瞬間までがんばり屋さんで、こぼれるような笑顔を忘れなかったヨルティップ。

いつまでもいつまでも、ママはあなたが大好きよ...


by:えるぐれあ



追伸:

先ほどご近所のお散歩仲間でジュニア君とリトルちゃんもママ:
ごんた様とランチをご一緒させて頂きました。
別れ際になんと、エグレアとヨルティップのお誕生日にかわいいブーケを頂きました!

Bouquet from Ms GONTA


ごんた様、おやさしいお心使いホントにホントに有難うございます!
さっそっく写真の傍に飾らせていただきました 


スポンサーサイト

<< バースデープレゼント  【BACK TO HOME】  表参道 セントパトリックスデー パレード >>


◆ コメント ◆

「親愛なる・・えるぐれあ様」


人には、生まれおちる時に神より地上でのお仕事を与えられてきます。犬もしかり・・です。ヨルティップは、11歳にして任務完了したんですね・・きっと。早く完了して神様に次のお仕事をもらうまでの間・・自由を満喫し・・それから又・地上に降りてきます。もしかして・・ヨルティップは、同じ名を持つ・・エル・コンドル君かもですよ。
モンサンミッシェルは4年前に行きました。名物のオムレツを食べに・・修道院に渡る1本道の前にあるクッキー工場で
トイレ休憩になり・・クッキーの缶入りを11缶も買い、大型スーツケースはそれで一杯になり・・困り果てました。どこまでもアホなヴィヴィアンでした。


「初めて」


絵やカレンダーでは見慣れた砂浜のアフガンハウンド、モンサンミッシェル、自分にとってはただ憧れの遠いことと思っていましたが今日はとても身近なことに感じました。なんだか嬉しい気分になりました。
それと同時にえるぐれあさんのアフガンに対するお気持ち深く、深ーく感じました。これからも色々大変なこと、楽しいことご指導くださいませ。


「ヴィヴィアン様」


ヨルティップが亡くなる直前の2年間、私の人生は良いことがまるでなく辛い時期を過ごしていました。
そして彼が亡くなった日に母が言った一言:

”この子はきっとあなたの厄を全部抱えて逝ってくれたのよ...”

その翌日、以前の職場(超ビッグネーム!)の副社長からお電話があり、以前より良い条件で会社復帰をしないかとオファーをいただきました。
そして2週間後の私の誕生日、その話が決定となりました。
これも無償の愛の一つの形だったと、私は信じています。


「じゅらりえーぬ様」


私のアフバカ度、ドンドンばれちゃいますね~☆
フランスでは大型犬と一緒の旅行も簡単で楽しかったです。
アフガンは砂漠の犬だから、この時の喜び様・弾け様は半端ではなく血を実感いたしました!


「」


先ほどはランチご一緒できてとても楽しかったです♪
実はお会いする前にブログを読ませていただき、「この子が死んでしまうくらいなら私の命と交換してください!」のところで涙が止まらなくなってしまいました。
ささやかなお花ですが、天国で喜んでもらえていたら嬉しいです。


「ごんたサマ~♪」


先ほどは本当に有難うございました。
お食事も楽しかったけれど、お花が...
もう、嬉しくって早速ブログでご報告しちゃいました~!
”お気使いなく!”なんて言葉を言うのが良いのでしょうが、本当に嬉しかったです。
素敵なバースデープレゼント、有難うございました!v-384


「」


素敵です・・・
えるぐれあさんとワンたちの関係
わたしもそんな風にこれからワンたちと絆を
深めていけたら・・・
えるぐれあさんのページはいつもどんなことでも
勉強になります

ありがとうございます

そしてヨルティップさんの一途な愛にも感動です


「」


ヨルティップ君とエグレアさんとの愛
とってもいいなあ
ヨルティップ君綺麗なアフさんですよね
ところでオルフェちゃんっておじいちゃんに
似てません?
黒い子フェチのわたくしの好みど真ん中です
走っているところが見たかったなあ



「コメント有難うございます」


ゆぅき様:

ヨルティップ、あんなにたくさんの愛を持った犬は見たことがありません。
犬が苦手な人でもヨルティップの魔法でメロメロにしていましたから!
この巡り会いの前にたくさんの偶然の出会いがあったことも含め、神様に大感謝です。

そして私のブログが勉強になるなんて、おこがましいこと甚だしく...
思い出話し、バカ話がほとんどで申し訳ありません!


メルユキまま様:

エグレアとヨルティップ、本当に血が繋がった子供だ錯覚しているのでは?といったカンジの私でした。

そのヨルティップのことを書くためにブログ用に写真を選びながら、私も改めてオルフェがドンドン似てくるのを感じていました。
特にお尻と背中がそっくりです♪
アンジュ君とママのエグレアもお尻と後姿がそっくりでした。
みんな可愛いわ~☆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。