フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

巡り会い 

大阪のあぐり君 どうしているかしらと気になって仕方のない方いらっしゃいますよね^^


大阪アグリ君2008


今日は昨日頂いた近況報告のメールを一部ご紹介します:

                     

外を歩くのがとても上手になりました
なんと言っても、 やはりアフガン!!!

マンションの最上階までを三段~四 段と飛び越え、一緒に上がるラブラトールがよぼよぼの年寄りに見え るほど(笑)(笑)(笑)
美脚、動物の持つ美しさを再認識しました

それと、家の猫の白ちゃんに馬 鹿にされる程のお人好し...
ボストンテリアの不二香ちゃんにLOVEコールし て、鼻先にジヤンピングでパンチされたり、目まぐるし社会勉強真っ最中!楽しく?過ごしてます


                     

アグリ君はとても素敵な男の子です^^

最近の写真を見ると、カラーはクリームとホワイトの中間くらいの色みたいです。

<可哀想ね、助けて上げる、家に来てもいいわよ>

ではなく、

<アグリ君、素敵ね、一緒に暮らしてほしいのよ>

と言ってくれる方、助け合って同じ時間を過ごしてくれる方との巡り会いを待っています。 


          

そう言う私ですが、エル・コンドルをとても可愛そうに感じ会いに行ったのでした。
正直、その時は自分で引き取る覚悟はできていないまま、保護されていた場所が近かったこともあり足を運びました。

その頃のエルは今のエルとは全く違い、とにかく可愛そうな姿の犬でした。
会いに行った私たちにはほとんど関心を示さず、挨拶するとすぐにクレートに入って寝てしまいました。

保護されて3週間ほど経っていてもガリガリで足腰はヨタヨタ...
クレートの中でずっと過ごしていたせいで筋肉は全くなく、そのせいか後ろ足はがに股でした。
トイレもなかなか覚えてくれず、普段はおとなしいのに食事の支度を始めると要求吼えをするそうでした。

当時の彼はエルビスと呼ばれていましたが、私たちはその世捨て人のような様子に心を打たれました。

<この様子では5歳ではなく10歳くらいではないかしら...
彼に何も求めることなく、我が家でゆっくりと余生を過ごさせてあげようか?>


エルに初めて会った時の私たち夫婦の正直な感情です。


我が家で四頭目の子になるより、この子に全ての愛を注いでくれる家庭の方が良いのかしら?とも迷いました。


初日のエル1


それから一月後、ご縁があってエルは我が家にトライアルでやってきました。
ひと月の間に、エルは少し太って足つきもしっかりしてきていました。
そしてすぐに私たちはエルが大好きになりました^^


エル・コンドル



<エルにだけ苦労させちゃったね...

エルは家の子になるために生まれてきたのにね

私たちを探し出してくれて 本当に有難う!

仔犬のときすぐに見つけてあげられなくってゴメンネ...

これからはずっと一緒だからね>



トライアルの4日目には私たちはこう感じていました。
エルと一緒に暮らしてまだ7ヶ月ですが、私はずっと一緒に生きてきたように感じています。


Dog Run 7


我が家に来て一ヶ月目、初めてのドッグランは駒沢公園でした^^
エル・コンドルが翼を広げて羽ばたいた瞬間です


エル・コンドル


私たちのエルへの愛着は他の子達となんら違いはありません。
エルが私を信頼し愛情溢れる目で見つめられると、毎日思わず抱きしめています。


防護色?エル・コンドルとマッサージチェアー!


この素晴らしい子が、私たちのエルが、もう少しのところで殺処分されていたのです...
命の重さを改めて深く深く感じます。


アグリ君へのお問い合わせはコメントでお願いします。


by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< 親戚の和^^  【BACK TO HOME】  アフガンコレクション >>


◆ コメント ◆

「」


このところずっと読み逃げでした。ごめんなさいm(__)m
思うこと考えさせられることはいっぱいあるのに言葉にならず、何も出来ない自分が情けなくて。
アグリ君にもエル君とえるぐれあさんのような良いご縁がありますように。


「」


以前何かのTVで拝見したお話で、
”ワン達は恐怖を忘れない”と。
心に残っています。
エル君が心を開くのには、やはり少しづつ
少しづつ、時間が必要だったんですよね。
もちろん、アグリ君やジャズ君達も同じですよね。
今までが普通では無い生活を送って来たんですから。

エル君も時間を掛けて、ママさん達の心(愛情)
を感じてくれたんでしょうね。

エル君、飛んでる姿カッコイイ~
ほんと、コンドルが羽ばたいたみたいですね。
本来のこの子達(アフガン)の姿なんでしょうね。
罪も無いワン達が人間の欲で処分されてしまうなんて。
考えただけで悔しいです。
この子達が何を悪い事したのでしょうか。
何も近くに行って、する事が出来ない私ですが、ただただ経過を見守るのと、幸せを祈るばかりです。


「エルビス君のときに♪」


実は 私 エルビス君時代 ハグさせてもらった事があります。

あの頃は 本当にガリガリで・・・ 毛艶も悪くて・・・(T_T) 

ハグしながら 耳元で 「幸せになれるから ココで赤い糸待ってようね。」って お話ししてたんです。。。

あの痩せたからだ うつろな目・・・ 思い出しちゃいました。。。

間もなく えるぐれあさんのところに トライアルに行った事を シェルターの スタッフからお聞きし、 やっぱり 行くべきところに行くんだなぁ♪と 思ったんです。

きっと アグリ君にも ぴったりの 家族に出逢えるはずだと信じています☆ 


「初めまして」


エルグレア様、初めまして。
Howard日記へ来て頂きどうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

あぐり君やエルコンドル君の記事読ませて頂きました。
酷い事をされてきて、読んでいくうちにかなりショックを受けました。言葉になりません。
あぐり君にも早く温かい家庭で自由にのびのびと生活してほしいですね。
あぐり君のことも気になりますし、いろいろご享受頂けたらと思いますので、ちょくちょく遊びに来させて頂きますね。


「コメント有難うございます」


ごんた様

放棄犬の前では、皆が自分の無力さに気力を失います。
私も同じですヨ。
犬種を越えて助けてあげたい気持ちはいっぱいですが、それには悲惨なほどに際限のない状態で...
せめてアフガンの救済くらいお役に立たねばとの思いだけです。
ジャズ君、アグリ君、メロンちゃんには一日お早く本当の家族の絆を知ってもらいたいです。


miyuピーさま

エルの記憶を読み取れたら、きっと私は怒りに駆られるでしょう!
エルにはそんな全てを忘れてもらいたいのですが、きっとそう簡単なことではないのでしょうね。

でも今はそんな記憶を思い出さずにいられるほど、毎日楽しく過ごしてくれればよいのです。
私たち夫婦はエルから多くの幸せを貰い、生命の強さを教えてもらいました。
どうしたら皆さんにこの思いをお伝えできるのかわからないほど素晴らしい出会いですです。


まろん&福ママ様

エルを抱きしめてくださったのですね、有難うございます。
あの頃のエルは本当に酷い状態でした。
栄養失調の体とうつろな目...

でも、エルが元気で楽しそうだったらきっと他の方がお申し出されて我が家に来なかったのですよ。
それはそれでやり切れない思いになります...

エルは二ヶ月もお世話になったシェルターでトイレを覚えなかったのに、我が家ではすぐに覚えたのですよ。
このお家の子になるって自分で決めたのだと思います。
犬と人にも運命の巡り会いってあるのです。


Howardママさま

ようこそいらっしゃいました。
早速ブログをご紹介させていただきました。

ガウディはパパとママの中間というか、顔と骨格はママで全体の雰囲気はパパに似ています。
ティアラちゃんとは全く正反対の部分でそれぞれの親に似ています^^
おじいちゃん似のハワード君もガウディに似てくるかしら?
今から楽しみです^^
ワクチンが済んだら合わせてくださいね!
アフガンの数が減っていた関東勢力も復活しつつあります!嬉しいです~♪


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ