フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットちゃん&アール君

昨日は我が家出身のアール君とロミオ家のジュリエットちゃんの事を書きました

するとロミオ家のお姉様から二人のツーショットの写真が届きました♪


Aristoto & Juliette


確かにお子様を希望するには高齢の二人ですが、とても仲が良かったそうです^^

ついでにアール君のもう少し若かったころの画像もお見せしちゃいます♪


Aristot S


生まれたときから大きかったアール君ですが、性格が出る一か月の仔犬の時からとても穏やかな良い子でした。

大きくなっても明るくって元気で、家族の太陽だったアール君に私が付けたお名前はアリストット
フランス語で哲学者のアリストテレスです^^

二ヶ月になりお別れのとき、どれほど涙が出たか忘れません...


EllCondore2008.08


昨年末に我が家にやって来たエル・コンドルが、今更ながらどこかアール君に似ている気がします。
コートの色もほぼ同じですが、この笑顔とこのかわいいおメメがやっぱり似ていますよね^^

 
by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< 初ロミオ君  【BACK TO HOME】  御縁 >>


◆ コメント ◆

「」


ブログを開けたらジュリが出ていてビックリしました(^^;
ホントだ。エルくん、どことなく似ていますね!!
もしかしたらアールくんやエグレアちゃんが
引き合わせてくれたのかもしれませんね(^^)



「」


ほんとうにエル君にそっくり・・コートの色も・・

きっと・・無意識に・・えるぐれあさんが・・エル君に
引かれたのかもしれないね・・

なにか・・不思議の世界ですね・・

もう少しで、動物愛護の日がきますね・・
世界中の動物が幸せになれるといいですね。 [絵文字:v-352v-352]


「コメントありがとうございます」


本当にびっくりして声を失いました
きっとあの時の私、変だったと思います^0^
でもすごく嬉しくって、あの子たちが生き返ってくれたような感覚です。
なんだか書いていて涙が出ちゃいます...
天に召されても私と魂で結びついた子たちですから...
きっと天使になったみんなの悪戯ですね、いい子たちですから!


ヴィヴィアン様:

エルに会ったとき、何とも言えない感覚がありました。他人事では済まされない、私がかかわらない訳にはいかないというカンジ...
エルが家に来てからは尚更で、アール君というよりヨルティップと重なりました。

これほどに大切に思われる命と、不用品として扱われ死にゆく運命の子たち...人間の傲慢で!
動物愛護の日に全国の学校でそれに関する授業をして欲しいですね。
動物に対して優しさと命の尊厳のある社会は、人間にとっても良い社会であるはずです。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。