フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れのとき

今日いつもより早く出勤するrioパパに合わせて5時に起きてみんなでお散歩
午後から台風の影響の雨が降るそうなので、今朝のお散歩は欠かせません!

最近寝不足気味なので、6時半にパパを見送った後はもう一度寝なおしたい気分

<今日は特に予定もないしゆっくりスタートでもいいかな...>

なんて思っていたら7時に携帯が鳴った

<こんな時間に携帯が鳴るのはパパが忘れ物? それとも...?>

それはオルフェのお友達 フラットコーテッドレトリバーの拓郎ちゃんが、昨夜永遠の眠りについたことを知らせる電話でした。

拓ちゃんはオルフェとひと月違いの1998年5月生まれ 10歳になる男の子
私とエグ&オルがrioパパの生まれ住むたこの街に一緒に嫁入りして来て、初めてできたオルフェのボーイフレンドでした。
拓ちゃんにはラブラドールレトリバーの花ちゃんというフィアンセがいたけれど、3頭ほとんど同じ歳だったせいかとても仲良しになれました。

拓ちゃんはいつも元気で黒々としたコートには白髪の一本交じることなく艶々ピカピカ!
今年のお誕生日には10歳の記念にと、オーダーで作っていただいたお祝いのクッキーを頂きました。

そんな拓ちゃんが急に高熱を出して一週間寝込んだのがこの8月
熱が下がってから病院で検査をしてもらったら、脾臓にガンがありすでに破裂していることが分かりました。
もう手術もできない状態でご家族は毎日を、一時間を、一分を惜しんで一緒に過ごす日々が始まりました。

そんなご家族の溢れる愛情を一心に受けて一生を過ごすことができたのだから、拓ちゃんは本当に幸せなワンちゃんでした。


そういえばオルフェの2番目のボーイフレンド ゴールデンレトリバーの銀次君は、5歳のお誕生日の日に突然亡くなってしまいました。

銀ちゃんが突然リンパ癌で倒れ亡くなるまではたったの10日間...年末年始にかけての出来事でした。

銀ちゃんとオルフェはとってもとっても仲良しのカップルでした。
オルフェとお散歩で歩いていると、銀ちゃんは必ず気がついてママにお願いしてお外に出てきてくれました。
そんな銀ちゃんがいなくなってオルフェはとってもガッカリしてしまい、暫くは銀ちゃんのお家の前で悲しそうに立ち止まって出てきてくれるのを待っていました。


10歳...オルフェもそういう年齢に差し掛かってきたことを痛感します。
どれほど愛おしくとも必ず私より先に逝ってしまう命です。
元気に一緒に過ごせる一日一日を、もっともっと大切に暮らしていこうと思う朝となりました。

10時にお花屋さんが開いたら、拓ちゃんらしいお花を持って最後のお別れに行ってきます。

拓郎君のご冥福を心からお祈りします。


by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< セーナームーン出動!  【BACK TO HOME】  不思議の国のセナ >>


◆ コメント ◆

「」


我が家も7月にココを見送ったばかりなだけに、ご家族の悲しみを思うと…

心から、ご冥福をお祈りいたします。


「」


出逢いがあれば・・いつか別れが来る理屈はわかっているけど・
例え・・それが動物であれ人であれ・・愛しいものであれば在るほど・・辛い
ご家族は、さぞ寂しいでしょうね・・心中お察し致します。


「」


お別れは必ずやってくるものと解っていながら、本当に悲しくせつないことです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。


「」


お散歩友だちのフラットちゃんも、ちょうど10才で
この春に旅立ちました。
とても美しい子でした。
ご家族のお気持ち、いかばかりかとお察しいたします。
拓ちゃん、精一杯がんばってくれてありがとう。
やすらかに眠ってくださいね。



「」


永い時間を一緒に過ごしているだけにご家族の
深い悲しみを察します。。。
心よりご冥福申し上げます




「残念です」


拓郎くんにはお散歩のときに何度か会っています。
病気のことはラブの花ちゃんのお母さんから伺っていましたが、とうとうこの日が来てしまったんですね。
お友達のわんちゃんが亡くなると、いつかジュニアとリトルも逝ってしまうんだなぁと思い涙が出そうになります。
拓郎くんのご冥福をお祈りいたします。


「」


拓郎ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

銀ちゃんのお話。
(オルフェちゃんが、暫くは銀ちゃんのお家の前で立ち止まって待っているお話)
なんてけな気なんでしょう。涙が出ます。
人間には分からない、動物の友情があるのでしょうね。
(人間には無い綺麗な心が、お口がしゃべれない分
動物にはあるのだと思います)


「」


必ず来るものですが・・・やはり悲しいですよね。
でも虹の橋で沢山のワンコ達とキッと御家族を見ていてくれることでしょう。安らかに・・・。


「コメントありがとうございます!」


皆様へ

コメント返しが遅れてごめんなさい!
そして、拓ちゃんの事を思って下さりお言葉を頂いたこと有難うございます。

おひとりずつお返事を書き始めましたが、言葉がうまくでてきません。
私も悲しいお別れをここ数年でいくつも味わって来ましたから...

今思うことは涙を流し切ったら、その子と一緒に暮らした幸せな日々を胸に抱えて、これからの人生を前向きに生きていくこと。
魂は決して消え失せたりしないから心ではいつまでも一緒だし、ワンちゃんたちは笑顔の家族が大好きだから!

我が家には亡くなった愛犬たち・親戚ワン達の写真があっちこっちに飾ってあります。
そして、”今日もかわいいね!”ってしょっちゅう話しかけています。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。