フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日のお別れ

先週より風邪をひきこんでおります...
薬を飲み始めてからすでに2週間が経つけど、こんなに風邪が長引くなんて初めて。
しかも薬の効果が鈍ってきているような...昨夜は2時すぎまで激しく咳込んで眠れなかった。


先日書きましたが、そんな中祖母が倒れて危篤との知らせがあった。
お見舞いに行こうにも風邪をうつしてはいけないし...と思っていたら、もうそんな事を心配する状態ではないと聞き飛んで行く。
来月が100歳のお誕生日で、ホテルでの盛大なお祝いを予定していた。
もう少しだったのに...どうして今なの?


戦後すぐ疎開先で夫と末娘を亡くし、46歳から1人で5人の子供を育てきった祖母は、いついかなる時も決して泣き言を言わない、私の尊敬する強い女性第一号だった。

激動の時代を強く生き抜いていた祖母は母の母で、働き者で優しく慈悲深く、しかもとってもとっても話の面白い人。
江戸っ子の気風の良さはカッコ良くって、恐ろしいほどに勘が鋭く隠し事なんてだれ一人として出来やしなかった。
そんな祖母は私にとって常に大きな存在で、私の人格形成に多大な影響を与えてくれた。

祖母が寡婦になったのは46歳で、思えば私もあと数年で追いつく。
戦前の豊かな暮らしをすべて失って、46歳からの苦労や夫のいない寂しさ...
いつも強い強いおばあちゃんだと思っていたけど、さびしい日も泣きたい日もたくさんあったはず...


そんな祖母が今週意識を回復する事なく永遠の眠りについた。

眠るように死にたいと言っていた...

夏と冬は葬儀に出席する人が大変で迷惑だから、春か秋がいいな...とも言っていた。



突然倒れてからちょうど一週間、5人の子供夫婦、12人の孫、13人のひ孫、そして周りの人々にお別れを告げる時間だけを残し、夫と小さな娘のもとに旅立つ。
おばあちゃんがいつも仏壇にお供えしていたグリコのキャラメル、幼くして亡くなった叔母が大好きだったもの。
久しぶりに会うのだから、お土産に持って行きたいだろうと3箱用意した。


100歳にはひと月足りなかったけれど、99歳まで私たちと楽しく人生を共にしてくれた祖母に、ありがとうの言葉とともに、本日・明日は最後のお別れをして来ます。


ご心配をいただいた皆様に報告を兼ね、私事を書かせて頂きました  えるぐれあ




スポンサーサイト

<< 宅配特別便  【BACK TO HOME】  小田原番外編 >>


◆ コメント ◆

「」


残念です
祖母様のご冥福をお祈り申し上げます
お力落としとは思いますが
お体お大事にしてください


「」


えるぐれあさんのお気持ちを察すると言葉が見つかりません。
おばあ様のご冥福をお祈りいたします。

風邪が早く良くなりますように。


「」


もうじき100歳!とても残念ですね。えるぐれあさんのお気持ちお察しいたします。
でも早くにお別れになった叔母様と久し振りにお会いになって、えるぐれあさんからのグリコをお楽しみになっていらっしゃるのでは・・・
おばあ様のご冥福をお祈りいたします。


「」


風邪の具合はいかがですか?
そんな大変な時とは知らず、申し訳ありませんでした。

お祖母様は人として、女性として、とても素敵な方だったのでしょうね。
祖父母の思い出がほとんどない私には羨ましく思います。

お祖母様のご冥福をお祈りいたします。

えるぐれあ様もご自愛下さいね。


「」


風邪、大丈夫でしょうか?

おばあ様、とても素敵な方でしたのね
ご冥福をお祈り申し上げます


「有難うございます」


メルユキまま 様
ごんた 様
じゅらりえーぬ 様
あやめ 様
ラティママ 様

お悔やみのお言葉とお気づかいを頂きありがとうございます。
あまりにも私的な事をブログに書くことは迷いましたが、喪中を静かに過ごしたいと考えることもあり書かせていただきました。

昨日・一昨日の葬儀は親族100人ほど(大家族なんです!)を含めて1300人を超える方々にご弔問を頂きました。
私が感じていた人間としての祖母の魅力を、多くの方に共有していただけていたことを改めて実感いたしました。
祖母も<なんだい、随分と大袈裟だねぇ!>なんて言いながら笑って眺めていたと思います。

とても無気力な気分になっておりますが、まずは風邪を完治させ鯛と思います。
ブログは徐々に復活したいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。


「」


おばあさま、旅立たれたのですね。
ご家族・ご親族を始めたくさんの方々に見送られて
お幸せでしたね。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ゆっくり休んで、元気になってくださいね。


「」


100歳を目前に控え、ご親族皆様にご挨拶なされ旅立たれた、おばあさま。
えるぐれあさんのお言葉どおり、それはそれは素敵な魅力的な方だったのですね。

えるぐれあさんはじめ、ご親族の皆様お力落としかと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


「リズ様&ショーティーのママ様」


お悔やみ、ありがとうございます。
今時珍しく彼女を中心に大勢の家族親族に囲まれ、特に病気もせずに長寿を全うした幸せな一生でした。
葬儀には祖母の母(享年96歳)の実家の子孫まで来て下さり、お陰様で本当に盛大な葬儀になりました。
まだ暫くは力が抜けた感覚が続くと思いますが、徐々にやっていきたいと思います。


「管理人のみ閲覧できます」


このコメントは管理人のみ閲覧できます

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。