フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ドッグシェルター フリマ用献品のお願い 

我が家のエル・コンドルの命を繋いで下さったドッグシェルタードッグシェルター では運営費確保のひとつの手段としてフリーマーケットへの出店があります。


次回は12月20日(土)に明治公園にて出店するため献品のお願いをされています。
つきましては、もしご自宅にご不要のお品がありましたら、是非お譲りいただけますでしょうか。


以下 詳細のお知らせです:


・新品の食器・タオル・シーツ・マット類

・日用品・雑貨類・CD・漫画本・衣類(未使用のもののみ)

・靴類・バッグ類など・その他贈答品や景品などで
 お使いにならない物がありましたら是非ともお譲り下さい。


注: 使用済みの食器、古着、履古しの靴はなかなか売ることができませんので、大変申し訳ございませんがご遠慮下さい。

●お品送り先  
  ドッグシェルター事務所は大変手狭なため、
  お手数ですが協力してくださっているこちらご住所にお願いいたします。

  
  ○宮本鍼灸整骨院さんhttp://www.j-welfare.com/index.html

  〒154-0017 東京都世田谷区世田谷4-1-11

  ※発送用紙に記入する電話番号はドッグシェルターの電話番号をご記入下さい。

   お問合せ等もこちら番号にお願いいたします。
    080-1282-0743


  また、直接お持ちくださる場合、営業時間内にお願いいたします。
  ○月~金 9:00~13:00 15:00~19:00 

    土 9:00~13:00   


●フリマ会場 : 東京都 明治公園内  


●日時 : 12月20日(土) 9:00~15:00 雨天中止



お品物は12月16日(火)夕方までの到着でお願い出来れば幸いです。
もしそれに間に合わない場合は 次回のフリーマーケットに出品させて頂きます。

売上金は100%ドッグシェルターの運営資金となります。



After Shampoo2008Nov-EllCondre

エルより:

僕のママはフリマ向きの物があると

”これ、フリマにいいわね!”

って言ってはドッグシェルター用にためておきます。
忙しくて時間がない時でも、すぐにそれを送れるからだって

ドッグシェルターの人たちは僕を助けてくれました。
そして今も僕みたいな子を助けてくれています。
みな様のご協力とご援助を、僕からもお願いします!


スポンサーサイト

<< 只今エコドライ中!  【BACK TO HOME】  オル姐今昔物語 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ