フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びやられた!

みな様 おはようございます!

早速ですが これはなんでしょう?


Button2008dec1


枯れ葉? 

違います。
他には?

時間切れです。

ボタンです!

正確にはエル(たぶんですが)に遊ばれた、昨日まではニットに付いていたボタンです!

Pullover2008Dec


そうです、このニットについていたのです!

先週から毎晩のように忘年会で遅くなり、不規則な夫。
お夕飯も食べるとか 食べないとか ちょっとだけ食べるとか...

そうなるとこちらのペースも乱れるわけで、ついでに夜になってお世話になった方へのスヌードを作り始めちゃいました。

すっかり仕上げて <さあそろそろ寝ようか...> と寝室に行ったら、ドアが少し開いていて誰かが侵入した気配が...
あ、侵入って泥棒じゃなくって <イヌ属アフガン科えるぐれあ目> の誰かね^^

で、ベッドの上にニットがあって <ン?なんか変だなぁ...> と思いながら手に取ったらポトンとボタンが落ちた!


そうです、木のボタンの裏を掘っただけの糸通しは牙によってつぶされておりました...
予備はありませんので、ニットのボタンを全部取り換えないとダメってことですね。

その後、楊枝を利用してボンドでブリッジを作る方法など、いろいろトライしたけれどダメ...
ショックでしたが昨夜は諦めてそのまま寝たのでありました。

そして、今朝思いついたのでありますよ


Button2008dec2


じゃじゃーん!
ホッチキスを無理やり押し込んじゃったのね^^
誰もボタンの裏まで見ませんから 当分これでOKなのであります!

ああ、それにしてもこのニットの災難はいつまで続くのか...
箪笥にしまっていなかった私が悪いのではありますが


After Shampoo2008Nov-EllCondre

僕もガウディお兄ちゃんもママが大好きだからね♪


はいはい...

by:えるぐれあ




スポンサーサイト

<< やってしまった!  【BACK TO HOME】  大掃除を楽しもう! >>


◆ コメント ◆

「」


災難続きのカーディガンですね~
ま~それにしてもフォッチキスの針・・どうやったら入るんでしょうか?
その方が気になりますが^^

でも・・問題の答えます・・これはボタンです
直し方  ハイ・・ボタン穴を全て瞬間接着剤でうめてしまいます。
そして・・完全に固まったら新たな穴を錐であけます

おためしあれ・・我社では穴をあけ間違いすると・・穴を木ダボで埋め
開け直しますが・・ちょっとくらいの穴はこうして埋め開け直しますよ
錐がなかったら目打ちでもいいかな
100均で錐買ってもいいかな・・


「ヴィヴィアンさま」


おや、正解ですね!
夫は実物で間違えていました^^

そうか、アロンalphaですね!
後から穴を開けるのね、納得の修理法です♪
さすが蛇の路は蛇でございますね。
我が家にも錐くらいはありますのでご安心くだされ!

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。