フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り 番外編

番外編に行く前に 昨日貼るのを忘れておりました仔犬チャンの必殺画像!

Iwata16

Iwata15

おらちぇす家の写真ですが、腕が良いとこんなに可愛く撮れるのですね~!
それにしても可愛いです♡
未だ二頭オーナーが決まっておりませんよ^^


さあ、ここから気分を変えて番外編へ!
って、すでにヴィヴィアンさんが書いている内容なのですが...

実はあの天候のなか出かけるにあたり、セナのトリミングをお願いして帰りが遅くなる恐れもあり、心配しぃの我が夫が不安がっていたら、ヴィヴィアン家が家に泊って行けば安心だからおいでと言って下さったのでした。
そこで遠慮することなく図々しい我が家は、お泊りさせて頂くことになったのでした!


Viv2009Apr3


普段から車が苦手でほとんど寝ることなく過ごすセナは、早朝からの移動に加えシャンプー&トリミングですっかりお疲れモード
(後方注意 * ヴィヴィアン家ではグランドピアノの足がプロテクションで包囲され、万が一の某方の攻撃事から保護されています!)


Viv2009Apr4


ヴィヴィアンさんの手早いお支度でお食事までごちそうになり一杯(本当は数杯!)頂き、大好きなアフに囲まれたRioパパはすっかりご満悦^^

こんな写真を見ると何とも優雅な夕べに見えますが、実はこの後みんなでマーキング合戦が始まり(というか、うちの子たちがメイン...)、しまいには興奮し疲れた女の子まで敷かれた布団に粗相をするなど、寝るまでのぎゃ~ぎゃ~いいながら過ぎて行ったのでありました

普段は人がいるところでマーキングや粗相をする事のない我が家の4アフなのですが、まったくもってもうまるで躾のしも感じられない有様でした...
ヴィヴィアン家の寛大さに感謝しつつも、穴があったら入りたいとカンジ入り(ホントです!)、ご気楽に泊めて頂いたことを反省するおバカ夫婦がおりました。


Viv2009Apr5


そして、翌朝はお父さんとご一緒に浜辺を散策してからお家のまわりでランランランのアフさんたち^^
もう少し早く起きていたら誰もいない砂浜を疾走させてあげたいくらい素敵なところでした。

お家に帰ってからは敷地内で遊ばせて頂き、マック君もケリー君もとっても優しくって喧嘩になる気配は全くございませんでした~♪

この門の外も広い駐車場になっているので、そこまで使えたら広~いプライベートドッグランになりそうです!

<良いなぁ、ボク達もこヴィヴィアン家の子になりたいなぁ!>

って、ガウディ&エルが思っていたのはほぼ確実!
そんな中セナかエルが落し物を拾っていたRioパパに激突
<鼻が折れたカモ?!>事件が勃発
冷シップを頂き鼻に貼りながら朝ごはんを頂くパパさんなのでありました
(その後パパさんのお鼻は何事もなく済んでおります^^)


まあ、こんな騒ぎで写真を撮ってはいないのですが(今日の写真はヴィヴィアンさんのご提供です^^)、ひとつ是非お見せしたかったのがこのお宅のご仏壇!
それは、まるで国宝級に頑丈な警備で守られているのでありました!
そして、日がな夜がな、いつの間にか供えられるケリー君のお供物も傑作でございました^^


ああ、それにしても馬鹿夫婦&4アフのお泊りで大騒ぎの上にお仕事がたくさんのヴィヴィアン家の皆様 有難うございました(としか言いようがない...)!

東京に帰るなり急いでマナーベルトの試作品を作った私でございました。
(素材はスポーツ系のストレッチ&メッシュが良いかな...トホホ...)

次回はマナーベルトを持参の上参上いたしますので、ヴィヴィアン家の皆様 どうぞこれからもお友達でいて下さいね!


by:えるぐれあ

スポンサーサイト

<< あたしんち パート1  【BACK TO HOME】  里帰り パート3 >>


◆ コメント ◆

「」


こちらこそ御願いしますね^^ 国宝級のお仏壇警備をしても
やはり、お供え物がないと見えて・・ケリーが心配し、
本日もお供えを上げてくれました^^

待っている時には指折り数えても・・楽しい一時はつかの間だね
犬を通し、こんなに素敵なお友達が人生の後半に差し掛かかった
私達に出来るなんて、日頃の苦労も吹き飛びます

何も事件もなくお泊りしても、思い出に残りませんよ^^
えるぐれあさんと二人!で・・ぎゃ~ぎゃ~と言いながら
拭いたシッコ・・一生の語り草で最高でしたよ^^

何のおもてなしはできないけれど、気の会う仲間と1杯のお酒がなにより! 
また・・おいで。待ってます
ps パパさんの鼻無事で良かったね~フフフ~~~プッ!


「ヴィヴィアンさま」


随分と時間が過ぎてからのUPになりましたが、再び反省をいたしております。
ハウンドのマナーベルト、売ってないから真剣に考えましたよ!

それにしてもお布団もコインランドリー行きになってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
秋には我が家でお待ちしておりますので、これに懲りずに宜しくお願いいたします。

お仏壇にケリー君からのお供物欠かせませんよ!
信心深いのはご両親に似たのね^^(ぐふふ オモシロすぎ~^^)


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。