フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史になった犬たち

我が家の歴代の犬 vol.1


エグレア


エグレア
1989年3月14日~2005年6月21日 16才 老衰にて昇天

この画像は15歳のお正月に撮ったものです。
この子はまさに私にとっての夢の犬”名犬ラッシー”
人が間違えて犬に生まれてきたのか?着ぐるみをきた人なのか?
縁あって私の手元に来た時には既に6ヶ月でしたが、それから何度そんな想いが頭をよぎったか。
その瞳はきらきらと輝き、寝たきりになってからも毎日楽しそうに生き生きとしていました。
嘘のようですがテレパシーを使うように私に話しかけ、直観力の優れた知能の高い犬でした。

彼女は私にとって2頭目のアフガンで、それはまさに衝撃の出会いでした。
その頃はまだ24歳(若かった!)でフランスで仕事を始め間もなく、この子が私の前に現れたことで、その後の人生が大きく変わったと言っても過言ではありません。
一昨年16歳で永眠いたしましたが、私の体の一部を失ったような思いと、これ以上は望めないほど長生きしてくれたことへの感謝の思いは今も変わりません。




チュチュ


エル・ヨルティップ 愛称チュチュ
1989年3月17日~2000年5月17日 11歳
ゴメンナサイ、あまりきれいな画像ではありません。
当時はデジカメを持っていなかったので、手元の写真を撮り直しました。

エグレアから半年遅れて家族に加わったチュチュは、エグレアを心底愛するまさに理想の夫でした。
プライドの高いおすましエグレアに対し、愛情あふれる満面の笑顔がたまらなくかわいいチュチュは、家族や友人と離れて暮らす私の心をどれほど和ませてくれたことか。
多くの方から愛され惜しまれ、10歳で発症した肺がんから骨肉腫、リンパ腫を併発し、度重なる手術の甲斐なく11歳でこの世を去りました。

彼はすばらしいドッグレーサーで、ヨーロッパチャンピオンシップレースにもフランス代表で出場いたしました。
彼の輝かしい走りは、先日引退したディープインパクトに重なる美しさがありました。

この2頭との出会いからの16年間、日本とフランスでのさまざまなエピソードはこれからも順次紹介させて頂くつもりです

また、大型犬の老犬の介護の大変さも経験いたしました。
介護でお悩みの方がいらっしゃいましたら、愚痴でもご相談でもどうぞ聞かせてください。



最後にに、エグレアとチュチュの子供たちで唯一ご存命なアリストット(愛称アール君)を紹介いたします。1994年5月7日生まれの男の子です。

アール君


昨年のお正月には5兄弟みんな揃っていたのに、その後今年にかけて次々と天に召されていきました。
アール君はエグレアのおじいさんそっくりで、体が大きくがっちりしたブルーアフガン。
性格はパパに似て陽気な甘えん坊。
川崎で大切に大切にしていただき暮らしています。
アール君、ママのように長生きしてね♪
スポンサーサイト

<< レインウェアー  【BACK TO HOME】  オルフェ、ガウディ、セナ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。