フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュガーママ お空へ

連休最後の日の昨日、今年の長いゴールデンウィークが終わりましたね。
前半は溜まっていた用事を済ませあっという間に過ぎました。
後半は、嬉しいことと同時にあまり良くない事が続き気持ちが落ち込みました。
(それでも今日から気分一新、頑張りますョ!)


さて、落ち込んだ事の一つが5月5日にセナのママ犬 シュガーちゃんが急逝したこと。
シュガーちゃんはオルフェとほとんど同じ年で今月12歳になる予定でした。
12歳前後で亡くなるアフガン、結構多いのですよね。
最近のオルフェの体調を見ていても、12歳は一つの山なんだなぁ...と改めて実感します。

シュガーちゃんとオルフェはなんだかとても雰囲気が似ていて、それは3ヶ月のセナが我が家の子になった日に、家に着くなりわがもの顔で振る舞ってい理由の一つだと思います。


SenatMAMA2008.09

一昨年も一度体調を壊したシュガーちゃんでしたが、その後持ち直し小田原集合でのワン親戚の旅行にも参加してくれました。
↑の写真はその時の物で右がシュガーちゃん、左がセナの同胎レオンくん。


記念写真1-2008.09


こちらは左からセナのパパ犬ホワイ君、ママ犬シュガーちゃん、そしてセナ&レオン君。
上手な写真ではないけれど、家族写真が残りました。
滅多にない犬親戚旅行に、多くの犬の中からシュガーちゃんとホワイ君を選んで連れてこられたIさんに感謝です。



Sugarmama 


ショードッグだった頃の美しいシュガーちゃんです。
我が家のセナはパパ系のホワイトで、スタイルの美しさもママには及びませんが、この毛量としっかりした骨格、女の子らしい雰囲気は受け継いだように思います。


シュガーちゃんの正式なお名前は

JKC CH LYNCREST JP SEDUCTION EYES 


たくさんのアフガンに囲まれて暮らしてきたIさんの、一番のお気に入りがシュガーちゃんだったようです。
そして、シュガーちゃんは3回のお産をして子供を残してくれました。
Iさんのところにも、セナ&レオン君の同胎ハリー君がおりますが、その3頭以外の子には会ったことがありません。
シュガーちゃんのためにも、全員が幸せに暮らしてくれていることを望みます。

可愛くって甘えん坊のシュガーちゃん、セナを産んでくれて有難う。
シュガーちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーサイト

<< 最近の造語  【BACK TO HOME】  理想的な食時とは? >>


◆ コメント ◆

「ありがとう」


奇麗なお花とお悔やみの追悼記事ありがとうございます。勿論 落ち込みましたが、それでも 私には 世界一かわいいハリーがいるv-10んで大丈夫!!あと 心強い我が家出身の子供たちとなにより最強の犬戚さん達がいますもんv-218大丈夫です!!!でもありがとう シュガーもきっと喜んでます そして私も 感謝!!!


「お里さま」


少しお元気になられたようで良かったです。
シュガーちゃんの事は突然で大変驚きましたが、距離のある静岡と東京でありながら何度か親子の対面ができて良かったです。
我が家はハリー君とセナでどちらを連れ帰るか迷いましたが、やはりハリー君はこの日のためにもお里に残るべき子だったのですね。
我が家にオルフェがいてくれてワタシを支えてくれたのと同じですね。
お里のたくさんのアフちゃんの中でも、いつも特別の子と言ってもらっていたシュガーちゃんは幸せだったと思います。
きっと天国から安らか気持ちでお里のアフライフを見守ってくれるでしょうね。


「」


一昨年の旅行は、本当にいい思い出になりましたね。
シュガーちゃん、可愛くって大好きでした。
もう会えないかと思うと寂しいけれど、人間は見送る側
ですものね。

お里のママさんも、お元気になられてきたご様子で
良かったです^^




「こんにちは」


セナちゃんママのシュガーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます・・・
12歳前後は私も以前より多いなあと感じております。
私も頭では理解しているようなんですが先日変な夢をみてしまいましてあふれる涙と呼吸困難になりそうな自分に改めて全く理解できてないんだなあと思うことでした・・・・
こんなことではだめですね・・・・
まだまだ問題なくすごせているのですから毎日を
悔いなく大事にします!
オルフェさんもおちついているのですね~


「リズ様」


突然のことにビックリしましたが、お里のママさんもお元気そうで安心しました。
シュガーちゃんに頂いた大切な命を頂いたワタシたち、感謝をこめてレオン君&セナを大切に育ててまいりましょうね。
これからも宜しくお願い致します。


「じぇな様」


シュガーちゃんは依然かなり調子を悪くしていたそうなのですが、それを乗り越えてから順調に暮らしていただけに突然の事でした。
朝具合が悪いのに気がつき、夜にはお空へ...
苦しまなかったのは、犬にしてみれば何よりなのですが、急な出来事は人間サイドにはショックですよね。
変な夢?どんなものかしら。
オルフェは低空飛行で良くなったり悪くなったりなんですョ。
心臓病の症状を楽にしてくれる漢方薬を処方してくれる先生がいるというお話を昨日聞いたので、早速調べてみようと思っています。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。