フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復に向かっています!

昨日の更新ができず申し訳ありません。
多くの方にご心配を頂き、オルフェの回復を願っていただいていること、大変感謝しております。

おかげさまでその後オルフェの熱が38度まで下がり、昨日からは立ち上がって自力で食事をすることもできるようになりました。
このままですと今回は入院することなく自宅での看病を続けて行ける事になりそうです^^
ひと月前の肺炎がV字回復をしたと表現できるとすると、今回はじわじわと復調してきているといった感じです。


先ず、一昨日の夜からササミ・ジャガイモ・キャベツ・サツマイモなどのピューレを自らの意思で食べてくれるようになり、その後立ち上がって時間がかかりながらも水を飲み、それが最初の希望の光となりました。
その後には、私たちの食卓にあった大好きなキュウリの香りに刺激されたようで、むっくりと体を起こし高鼻を嗅き、おもむろに立ち上がるとふらふらと歩いてきてキュウリを要求しました!
もちろん消化に悪いのでほんの一口あげただけですが、オルフェの生命力を感じた私はここで大きな安堵を得ました。
パパさんは、これでオルフェがどれだけキュウリ好きなのかがわかったそうです^^


どうやら頑張って元気になったら美味しいものがたくさん食べられそうなので、お迎えはまだ先にして貰うように大好きなエグレアおばあちゃまとの交渉が成立したようです^^
まだまだ食時の量も少なく好きじゃないものは食べませんし、体力がないため歩くとフラつきますが、目に力が出て食べ方にも勢いが出てきました。
あとは、もう少ししっかり眠ってくれるようになれば良いのですが...


以前に書いたかもしれませんが、犬がうとうととしか眠れないのは心臓や肺の機能の低下により息苦しい状態にあると考えられるのです。
病気の犬が熟睡できませんと疲労がたまり十分な回復が期待できないので、今の私の課題はどうやってしっかり眠って貰うかになります。
この先、以前の状態まで戻れるかどうかはわかりませんが、少なくとも復調に向かっている状態であることを報告させていただきます。


Orphee2010Jun10
オルフェ: ワタシ、ご飯食べてます。
       ご心配いただきアリガトウ





スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

<< 色々と!  【BACK TO HOME】  オルフェの肺炎 >>


◆ コメント ◆

「がんばれ~!」


オルフェさん、良く頑張ったねぇ~!
もうママにダイエットなんて言わないように、そして美味しい物一杯作ってもらおうねぇ~!^^V
あせらず、ゆっくりで良いから、又元気復活しようねぇ~!

ママも無理しないでね~。 他の事は置いといて、オルフェさんに専念しながら、ご自分のお体もご自愛下さい。


「」


どれだけきゅうりが好きか。。。で ぷっと笑ってしまいました。回復してきているようで、こちらも嬉しいです。ゆっくりとでも元気になりますように。。。オルフェちゃんのペースで頑張ってね。


「熱」


熱が在る時は冷たくしたタオルを首、脇の下、股関節に置き頻繁に交換してあげて下さい人間と同じですね。我が家の犬は、それで熱が下がりグッスリ寝てくれました試して見てください。


「コメント有難うございます^^」


Tmaさま

本当に皆さまのお気持ちがパワーになって届いたようで、今回は相当危ないと思っていた私もビックリの回復をしています。
ダイエットは心臓の為には必要なのですが、好きなものならもうそろそろ解禁(=好きなものを多めにあげる)してあげようと思います^^


ボーリャさま

オルフェのキュウリ好きは半端な物ではありません!
昨日は一瞬にしてテーブルからキュウリを盗まれ、夫も私も全く気がつきませんでしたv-39
このぶんなら、そろそろ甘栗も大丈夫そうです^^


あおさま

コメント&濡れタオルの情報有難うございます。
やはり昔からの方法が一番ですね。
今回は薄い布に霧吹きで水をかけて、団扇で煽いで柔らかく熱を取る方法もとりました。
高熱の間は教えていただいた方法が有効だと思いますので次回はやってみます。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。