フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんの思い

3月28日、東京はお日様の出ている気持ちの良い朝です。
パパさんを送り出した後の朝食中に微妙な揺れをを感じ、直後に宮城県で震度5弱の余震があったとTVに速報が出ました。

被災地ではいまだに燃料や食糧不足があるそうで心配は尽きませんが、インターネットやテレビの報道で少しずつでも被災地のペットに関する情報を得ることがあります。


おばあさんと二人で暮らす普段はお散歩を嫌がるような小型犬のおっとりしたワンちゃんが、11日の大地震の直後に家で様子を見ようとしていた飼い主を家から出るように促し、いつものお散歩コースとは反対の高台に向かいリードで飼い主を力強く導くように進んだそうです。

今は愛犬と一緒に避難所にいる年配の飼い主さんの家は津波で流されたらしく、家族として暮らす犬の本能により救われたとしか思えない出来事だったとか。



また、ある学校を利用した避難所では、飼い犬と一緒に避難した人たちが校庭に犬を繋いでいるそうですが、人間以上に食料に乏しい犬たちにもストレスがたまっていて、ワンワン吠える声がうるさい、どうにかしろと不満が出て来ているそうです。

<どうにかしろ!って、その犬をどうしろと言うのだろう?>と思いましたが、きっとその人もどうしろというイメージがあるわけでもないのでしょう。

人間もストレスが相当に溜まっている状況で、体調も万全ではないでしょうから、いつも静かな人間だけで暮らしている人には、犬や子供の声でイライラが増すことは十分に理解できます。
でも、犬や猫を家族として暮らす私たちにはとても辛い話です。



迷い犬になったワンちゃんたちもお腹を透かせて避難所の側にいて、自衛隊の人たちの周りを尻尾を振ってついてくるそうです。
自衛隊の方々もかわいそうで何か食べるものをあげたいけれど、人間にも十分にいきわたらない現状では心を鬼にするしかないそうです。

動物を愛する者としては早く犬や猫たちにフードを届けてあげたいし、この状況下辛い活動を続けてくださっている自衛隊の方々への感謝を私たちは忘れてはいけません。




この震災が起きてから私も色々と考えさせられ、人の世話がなくては一日たりとも暮らせないオルフェを抱える私にも、今までとは少し違う感覚が芽生えています。

私たちが家族として暮らす犬や猫ですが、もし東京が被災地でありオルフェの救出に誰かの手が必要な時、他にも救助が必要な人間が周りにいれば、私でも人間の救助が優先されることは当然だと理解します。

今までは <たかが犬だなんて言わせない、犬たちは私の子供と同じなんだから必ず守る!> と一途に考えるだけでした。
それでも、もしオルフェや三つ子を助け出せることができたら、それからは一緒に生きて行くこと以外は考えられないでしょう。


原発問題があり、何かあったら家に来てねと言ってくれる関西方面、海外のお友達はとても有難いです。
東京でも万が一の事態急転が起きたら、避難するのはどのタイミング???と考えました。
でも、この地が故郷である私たちには東京を簡単に離れることもできませんし、逃げるためにガソリンを満タンにしては被災地の方がもっと大変になるのです。
<何が起きても、その時は家族一緒!>と覚悟を決めたらずいぶん気持ちが落ち着きました。





今 災害時の愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保を求める署名 (略)活動が緊急で行われています。



この署名活動はいつ私たちの為に役立ってくれる事になるかもわかりません。

我が家のようにアフガンが4頭いては一緒に避難所に移る事など現実的に不可能ですので、いざという時には避難所以外の方法を考えていますが、これが実現すればペットと暮らす多くの方は一つの安心感を得ることができるでしょう。

犬や猫が嫌いな方との地域をはっきり区分けすれば、トラブルを防止する事も十分に可能なはずです。


上記、署名活動を行っているサイトははTV番組のポチタマでラブラドールと一緒に全国を歩いている 松本 秀樹さん のものですが、← 松本さんのブログにはその他たくさんのペットがいながら被災された方々への援助情報がUPされています。


犬や猫と一緒に暮らすこともできないほどダメージを受けているかたには、一時預かりや里親を募集してくれるボランティアは大きな助けとなるでしょう。

また、目立った行動できないけれど、動物たちの為にお役に立ちたいという気持ちがある方(私のような^^)にも参考になる情報がたくさんあって有難いです。

正直、ポチタマはあまり見ていなかった私ですが、このような活動をしてくださる松本さんは心より感謝したいと思います。


スポンサーサイト

<< ワンちゃん用オムツのはなし  【BACK TO HOME】  一歩一歩&コツコツと >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。