フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二週間

昨日で オルフェがいない生活も二週間が経ちました。

頂いたお花が まだ半分近く残っています。

一昨日までは、オルフェが亡くなった当日に届いたお花もありました。



”どうしてオルちゃんに こんなに素敵なお花がたくさん届くの?”



と、質問されるほど届きました。

皆様に 心よりお礼を申し上げます。

お写真に残させて頂だいておりますので、そのうちにご覧いただければと思います。




お花が枯れていくもの寂しさを誘うでしょうと、意図的に10日目に届けてくださったお友達もいます。

どれも、長く綺麗に咲いてくれているので、まだ沢山のお花がオルフェを囲ってくれています。

プリザードフラワーを探して下さったり、花より団子で日本酒&ケーキ、オルフェの大好きな柿、秋の夜長に愛をテーマにしたラベルのワインなどの贈り物も届きました。



美しいお花と華やかな香り、そして皆様のお心に私が癒されていますが、オルフェもさぞや喜んでいると思います。

毎日、オルフェのお世話をしていたように、お花のお世話が欠かせません。

すべてのお花が駄目になったら、自分でお花を買いに行きます。

エグレアのときもそうしていたように...



そして 有難い事に 我が家には大切な子達がまだ3頭います。

大切な愛犬の存在が消えて、寂しくても、悲しくても、お散歩や食事のお世話といった犬との習慣は続いていく。

多頭飼いの最大のメリットのひとつです。




長野から保護した子達も、私を必要としています。

日々こなさなければいけないお仕事もあります。

オルフェに あの柔らかな細いコートに触れられない悲しみに

オルフェのノーズに鼻を近づけると なぜか匂うフルーツ消しゴムのにおい

それが嗅げなくなった寂しさに空しくなっても泣いてばかりはいられません。



反面、私だけを見つめて生きてきたオルフェに対し そんな自分が申し訳なくなります。

でも、私が日々を泣いて暮らしても あの子は喜ばないと思います。




2~3日に一度、日々の買出しや、銀行などの用事を済ませる時に一人になります。

そんな時に必ずオルフェへの愛しい思いが蘇り、あの子の体がなくなってしまった現実に涙が浮かびます。

歩きながら オルフェに色々なことを語りかけています。

当然、何らかの忘れ物をします

お財布だけは忘れないように気をつけています^^

家に戻ると、みんなが嬉しそうに大騒ぎで迎えてくれます




Orphee2011Sep


先日、義母のカメラからオルフェの写真が出てきました。

9月のある日、どうしても夫婦で外出しなくてはならなかった時に、3時間ほどオルフェを預かって頂いた時の写真です。

撮って貰っていたことを知らなかったので、嬉しい出来事でした。

介護が始まってから、オルフェの写真を撮る機会も減っていました。

ブログではオルフェのかわいくて綺麗なお姉さんのイメージを残しておきたかった。

でも、こうして見ると、二ヶ月前のオルフェもまだまだ十分に綺麗です。

親の欲目かもしれません^^



オルフェの事を思うとき、もちろん最近のオルフェは記憶に新しいのですが、子供の頃のかわいくて無邪気で、天真爛漫な時代が思い浮かびます。

オルフェは悪戯をまったくしないとても楽は仔犬でした。

私がいるだけで 幸せで幸せでといった様子の 本当にかわいい仔犬でした。

エグレアが一緒にいたせいか、最初からお留守番も上手に出来ました。



その頃の写真をPCに取り込んでUPしたいと思っていますが、まだまだ涙があふれそうです。

13年間で溜め込んだ写真のオルフェたちのアルバム、やっぱりまだ冷静に見る自信がありません。

でも そんな涙も 幸せな犬との暮らしに含まれる大切なステップなのでしょうね。

エグレアもヨルティップも その前にはシモンちゃんもなくして、その時の辛さもちゃんと乗り越えて来ています。

だから大丈夫、ちゃんと受け止めていける。



ヨルティップの時は、身を切られるような空しく辛い日々が長く続きました。

エグレアのときは16歳という年齢もあり、やり遂げた気持ちがあったのか、悲しみの中に後悔の念も抱えつつ、すべてを落ち着いて受け止めることが出来ました。

その時になぜかイメージしたのが、私のもとで育ったエグレアは 今大人になって独立し旅に出たという事。

エグレアもヨルティップも、みんなみんな、ただ遠くへ旅に出ているだけ。

オルフェも身も心も軽くなって、これからその旅に合流して楽しんでくれるはず。


そしてきっと  きっときっと 
 
いつか私も 私の大事な子供たちに再会する日が来るのだと、そう信じて頑張りたいと思います。


スポンサーサイト

<< 3週間 -20日目-  【BACK TO HOME】  一週間 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。