フリーエリア

LUMINOSA ホームページ

プロフィール

えるぐれあ

Author:えるぐれあ
         * * *

えるぐれあ:アフガンハウンドをこよなく愛す40代の女性、犬&猫が安心して暮らせる社会を目指しその一環で会社を設立。
ルミノーサ コートケアシリーズは↑HPよりご購入いただけます。

<大型犬用オリジナルレインウエアーの製作は申し訳ありませんが当面お休みします。>


Rioパパ:持参金ならぬ持参犬付きのえるぐれあの影響で、すっかり愛犬家になってしまった管理人の夫

ガウディ:2005年6月3日生まれ シルバーBM
Rioパパの好きな建築家アントニオ・ガウディから名前を頂戴した心優しい大きな男の子

セナ:2005年8月20日生まれ
コンパクトなホワイトアフガン、やんちゃなお転婆娘も3歳を過ぎてグッっと大人になりました

エル・コンドル:2006年3月18日生まれ(勝手に設定^^) ブルーブリンドル
エルは虐待的な環境に置かれていた模様です。
保健所に収容され悲惨な状態でいたところ、東京の保護団体Dog Shelterにより救出され殺処分を逃れることができました。エルは我が家で生まれ変わり美しく羽ばたきます!

ディーバ:2003年10月20日生まれ(勝手に設定^^)
ブラック&タンの落ち着きと知性に溢れる女の子 某ペットショップの倒産と飼育放棄で保護されたアフガンファミリーのお母さん犬として家族を護り育ててきた肝っ玉母さんでしたが、母親を卒業し普通の家庭犬として我が家で楽しく暮らして貰うことになりました 

オルフェ:1998年4月4日生まれ
B&Wの穏やかな女の子 フランスから連れ帰ったエグレア&ヨルティップの孫娘 ママの結婚で一緒にお嫁入りして私の側にいてくれた愛する娘 2011年10月20日 13歳でお星様になりましたが心はいつも永遠に一緒です

エグレア:1989年3月14日生まれ
フランス生まれのオルフェのおばあちゃま 2005年に16歳でお星様になりましたが、私の永遠の名犬ラッシーです。

エル・ヨルティップ:1989年3月17日生まれ
同じくフランス出身のオルフェのおじいちゃま 2000年に11歳でお星様になりましたが、これほど多くの人に愛される魅力的な犬には二度と巡り合えない化も知れません

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

言葉にならない...

おととい・昨日は里親を探すアフガンたち関連のことで一日が終わってしまいました。

レオン君へのセナからのお手紙、レインウエアーの事など、ブログで書きたいことはいくつもあります。

でも、放棄された犬たちの現在・未来そして過去を思うと、私の気持ちはとても複雑です。

千葉の今日までを期限に保護されているアフガンちゃんは、一昨日飼い主かもしれない(?)ヒトから連絡が来たそうです。
でもすぐに会いに来るでもなく、写真を送ってくれれば今日までに確認するというお話。

それって、おかしいと思いませんか?

どんな事情があるにせよ、愛犬が1日から行方がわからなくなり6日まで保健所に問い合わせをしないでいられますか?

自分の犬かもしれない犬が保健所にる事がわかって、すぐに会いに行けない理由は何ですか?

写真を送られても、拘留期限の最後の日まで確認ができない?



もし、その人が本当の飼い主だとしても、犬を飼う資格があるのでしょうか?

ただ、もしその人が飼い主だと証明できない場合、この子には幸せに生きる道がみつかりそうです。
皆さんにもご心配頂き、本当にありがとうございました。


実は他にも1才の男の子が2頭、5歳の男の子(体重17kg!)が1頭、保護センターで里親を探しています。

動物愛護の活動をされている方々には、本当に頭が下がります。
でもこのような事態を減らすために、私(たち)は何をすれば良いのでしょうか?
法改正のための署名活動?

そして、不真面目なブリーダーやペットショップなどの管理監督責任はどうなっているのでしょうか?
JKCなどの団体ででできることはないのでしょうか?

空前のペットブームで、幸せな犬が増える一方、不幸な犬も急増しているのです。
 
飼う側も、犬はぬいぐるみでないことを自覚できているのか?
環境、ライフスタイルは整っているのか?

犬を飼う前に、よーく考えていただきたいです。


by:えるぐれあ
スポンサーサイト

<< 千葉のアフガン  【BACK TO HOME】  アフガンレスキュー・緊急連絡 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ